HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英語上達変遷マップ > 嫌いな人限定:英語上達変遷マップ(5)


苦手なりの受験英語

 

2011年6月 6日

嫌いな人限定:英語上達変遷マップ(5)

では、
【第4段階】
なんでもいいから学習する習慣をつける


ごめんなさいね。そろそろ具体的な話に行きたいのですが、まだまだなんです。


英語が嫌いでも英語に立ち向かわなければなりません塾などに行き、先生に習うことで、ようやく「英語に立ち向かう」ことができます。今まで1週間に「1分だって英語のことを考えなかった」のに、「1分以上英語を考えるように」習慣づけなければなりません。今まではそうするのが嫌だったはずです。


塾に行きますと、その習慣ができます。今まで考えてなかった「英語のこと」を、無理にでも考えるようになります。


最初は「週に1度、90分の授業」でも構いません。いい塾なら(いい塾だよ)、思ったより「に感じるはずです。今まで「分からなかった部分」が分かるようになるからです。


今まで訳せなかった英文が、塾の先生のヒントによって、分かるようになっていきます!


この積み重ねで「あ、意外と塾って楽かも」と思えればシメタものです。実際、私も高2の終りで個人塾に行き始めましたが「思っていたより楽」でしたよ。(学校が地獄だった所為もあるw)


というかそういう塾に行くべきなんです。


理想は、【最初は】↓こういう塾!


・「学校の授業の補足・予習になるような授業をする」
・「塾のみの宿題がない・そうではなく学校の宿題を手伝ってくれる塾」
・「予習の必要がなく、ただ来れば、「分かる」授業をしてくれる塾」
・「そんでもって講義が楽しい塾」


↑こういう塾に1箇月も通ってごらんなさい。
学習する習慣がつく
塾なしでは、英語が分からなくて不安になる
という状況になります。


こうなって初めて「あなたの成績は上がる見込み」が生まれるのです。


金曜日は文法放送。この続きは来週の月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>Dr.Sさん
ご無沙汰しています。
上での高校の先生が「伸びシロが少ない」としているのは、「英語が苦手な人の成績を伸ばした経験が単純に1つもない」からだと思います。
 おっしゃるように、
>基礎的な文法力ない学生に、構文・英文解釈のやらせたり、語法や熟語を暗記させ
 という話になると思います。これでは伸びないはずです。「苦手な人の場合、文法の下地がない」と伸びないと思います。
ところが、

大方の英語の先生は、苦手だったことがないはずです。こういう人は
 文法力がなくても「構文・英文解釈のやったり、熟語を暗記」して、成績が伸びる
 のではないかと思います。

 文法を教えようにも文法を知らない英語教員は多いと思います。私のかつての仕事仲間に、英語がペラっペラの「元高校英語教師」がいました。しかし彼は全然文法を知りませんでした。例えば私があるとき彼に分詞構文を説明したら「びっくり」されました。

 こういう高校の英語教員は少なからずいると思います。文法を最初から知らないのですから、知らないものを授業で教えられるハズがないのです。

マウスバード様へ

ご無沙汰しております。
Dr. Sです。

上記の方の相談を読みました。英語力の伸びしろが大きいのは、例えば、英語の苦手な理工系の学生が英語で論文を書けるようになる等、さらには、地方の公立高校出身で英語にアドバンテージがないのにも関わらず、国際的に活躍されている方(国連の明石康氏等)も多く、いくらでも反証はあります。

ただ、一部の教員の視点で見ると話が変わるかもしれません。以前に書いたことかもしれませんが、基礎的な文法力ない学生に、構文・英文解釈のやらせたり、語法や熟語を暗記させ、また、たくさん長文読解をこなすようにさせても、当然のごとく、点数や偏差値はあまり伸びないと考えられます。これを教員の目で見ますと、色々沢山こなすようにしている、つまり、努力や労力が大きい割に点数や偏差値が伸びない、要するに、伸びしろが少ないとの考えになるのではと思います。

英語が非常に苦手な学生は、確実に基礎的な文法力が欠如していますが、私の知る限りは、教員が基礎的な文法へさかのぼって指導している事例はないです。実際はどうなのでしょうか。

>高橋さん
>英語の先生に相談しても とにかくあきらめるながんばれと。

「その先生のお言葉は、なんと具体性がない言葉だろう」と感じました。

ですがたいていの英語の先生であれば、そういう返事にしかならないと思います。知らないことは教えられないのです。つまり彼らは「英語が極端に苦手な生徒を得意にする方法」を最初から知らないのです。その先生は誰一人として、英語が極端に苦手な生徒の成績を上げた経験がないと思います。だから彼らは「あきらめるな」しか言えないのだと思います。

>何をどう頑張ればいいのかわからず時間が過ぎてゆくというのが
>現実です・・・。

私の高校生活も同様でした。誰も教えてくれませんでした。

だから私はそういう人【だけ】のために、「本気で嫌いな英語を何とかする方法」というサイトを立ち上げ、その方法について教えているつもりなのです。
http://www.ye-study.com/

苦手な高校生に必要なのものは「学校の教科書の詳しい説明」と「文法力」です。またそれを教えられる「先生」と「時間」が必要になります。

>親子で先生のブログを読ませていただき受講を検討させていただきますので、
>どうかよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願い致します。ご連絡お待ちしています。
m(_ _)m

※よかったらこちらもどうぞ。こちらのほうが「私の高校生活での【英語のできなさ加減】」がよくわかると思います。

http://mouthbird.s365.xrea.com/cgi-bin/e-bbs/bbs.cgi?id=2002090800;ls=30;date=1115813945

返信ありがとうございます。
英語の先生に相談しても とにかくあきらめるながんばれと。
何をどう頑張ればいいのかわからず時間が過ぎてゆくというのが
現実です・・・。
家庭教師をお願いしようか。。だからといっていい先生にめぐりあえるとも限らないですし。
 まだ 子供に話をしていないので今夜話をして親子で先生のブログを読ませていただき受講を検討させていただきますので、
どうかよろしくお願いいたします。

>高橋さま
こちらこそはじめまして。
お嬢様は私とよく似ている気がします。高校の頃、私のクラスの英語の授業もレベルがそれなりに高かったです。そこで私はブッチギリの最下位でした。平均点が80点台の定期試験で7点で学年最下位だったことがあります。

>親子ともども焦っていて 何をどうやったらいいのかわかりません。

私も当時はわかりませんでした。今は逆に「それ」しかわかりません。
↓何からやったら良いのか?
/beginner/article/mouthbird/cat1726/

>英語は一番伸びるのに時間がかかるし伸びしろの少ない教科だといわれ

前半は同意します。後半は同意しません。

英語は「苦手であれば、伸びるのに1番時間がかかる科目である」…これに関しては私も同感です。しかし「伸びしろが少ない」…には私は同意しません。伸びしろは果てしなくあります。
↓短時間ではなく長期間で伸びた例
http://q-eng.com/diary/2111

(「伸びしろが少ない」とおっしゃる人は、英語が苦手な生徒の成績を伸ばした経験がない先生の意見ではないでしょうか? ほとんどの先生が伸ばせないと思います。私は逆で、伸ばした経験ばかりなのですが…
↓乏しい英語力が伸びた方々の例
http://www.ye-study.com/jugyohome01.htm

>先生の講座受講を考えていますが、どのような教材を用意すればよいのでしょうか

ありがとうございます。教材は「良い英和辞典(電子辞書は不可)」「文法解説書」「文法書」です。しかし授業でメインで使う教材は、【学校で今使っている教科書】になるはずです。
 このシリーズでも書いていますが、お嬢様は定期テストで四苦八苦されれていらっしゃると思います(違うでしょうか?)。もしそうなのであれば、「定期テストの不安の緩和」が優先だと思います。そのためには、「今お使いの教科書の英語を理解させる授業」が重要かつ必要と考えています。
 ご検討ください。

はじめまして。高2になる娘ですが、英語が相当悪いです。本当に悪くて・・・。先生の講座受講を考えていますが、どのような教材を用意すればよいのでしょうか?学校は学力別のクラスで
一番上のクラスなのですが、毎回 ぶっちぎり(苦笑)のびりです。 親子ともども焦っていて 何をどうやったらいいのかわかりません。英語は一番伸びるのに時間がかかるし伸びしろの少ない教科だといわれ 泣きたい気分です・・・