HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 勉強法。苦手な人へ・指導者へ > 勉強法。苦手な人へ・指導者へ(8)


苦手なりの受験英語

 

2012年1月30日

勉強法。苦手な人へ・指導者へ(8)

・英語教師がよく言う「嘘」


テーマ
多く英語教師は、自分の「願望」を、さも「事実」のように言うので、英語嫌いはその英語教師を嫌い、英語を嫌う


苦手な人へ
あなたは「英語は社会に出たとき必要」と言われたことがないか?


あなたはおそらく、英語教師たちに以下のように言われたことがあるはずだ。


・英語をなぜ勉強するのか?
・それは英語が将来、社会で必要になるからだ。
・お前たちが大人になる頃は必要になっているはずだ。


↑こう言われているはずだ。そのときあなたは「カチン」とくるはずだ。
↓こう思うはずだ。


・そんな時代は絶対に来ないのは明らかじゃないか!
・誰がそんな大嘘を信じるものか!
・そんな「大嘘を言う英語教師どもなんざ、信用できない」!


こうして、あなたはその英語教師を嫌い、ひいては英語を嫌っていったはずだ。
違うだろうか?


大丈夫だ。あなたの見解は正しい。


・日本に英語が必要な時代は永遠に来ない。
少なくとも現在は
・必要な職業に就く人のみが必要。その割合は5%にも満たないだろう。


-------


指導者へ
あなたは「英語は社会に出たとき必要」と言っていないか?


あなたがた英語教師たちの多くは以下のように言っている気がする。


・英語をなぜ勉強するのか?
・それは英語が将来、社会で必要になるからだ。
・お前たちが大人になる頃は必要になっているはずだ。


↑こう言っている人に訪ねたい。
 もし、必要でなかったら、あんたは責任を取ってくれるんだろうな?


実のところ、私自身、中学高校で「山ほど」言われた。


「お前はなぜ英語の勉強をしないんだ!?
 お前が大人になる頃は英語が必要なんだ!
 できないと困るだけだ!
 だから、英語の勉強をしろ!」
と。


これがどうしても信じられなかった。
当時の私の周りで、英語が必要な人は「英語教師以外」に見当たらなかったから。


私はその英語教師たちを
・願望が現実に思える「妄想狂の病人」
と思った。
彼らの言うことは全く信用しなくなった。英語がますます嫌いになった。


私ももういい大人の年齢になった。しかし、今の日本の社会で英語が必要になっているだろうか?


社会で「必要」と言えるレベルにあるのは、「パソコン」ではなかろうか?
パソコンのないオフィスが今の日本にどれだけあるのか?


私は、仕方がなしに、英語を身に付けた。が、未だに英語が必要な社会ではないではないか!
つまり、私は、英語教師たちに「大嘘」をこきまくられたことになる。
責任を取ってくれるのか? 取れないだろう。


 もしあなたが「英語が必要」と言っているのなら、直ちにやめるべきだ。
言っているのなら、英語嫌いはあなたを
・願望が現実に思える「妄想狂の病人」
としか、思っていない。


しかもだ! これも「英語嫌いが英語好きになれない立派な理由の1つ」だ。
・英語好き(英語教師)=嘘つき
とインプットされるから。


英語は「必要」ではない。できれば「有利」なだけだ。
だから「必要」ではなく「できると有利」と言えばいいのだ。


-------


マウスバードの一言


実は、現在、私の姪の英語を教えている。現在中2である。私に似て、英語が「かなり」できない。慌てて私が教えることになった。


姪からこう尋ねられた。
「英語嫌い~~。なんで英語なんか勉強しなきゃいけないの?」
と。


どうも、世の中の英語教師たちは、この返答に困るようだ。私にはなぜ困るのかが分からないのだが。


私はすかさず↓こう言った
「学校の科目だから。受験の場合は必修科目だから。以上」


間違っても「将来必要になるから」などという「大嘘」はつかなかった。
(ただし、既に学校の英語教師たちにそう言われているらしかった)
だから、私は付け加えた。


「英語の先生に『将来必要だから』って言われているかもしれないな。それはお前にも「嘘」だってわかるだろう?
奴らは、願望を言ってるだけだ。奴らは「事実」を認められない病人だ。


俺は「事実」を言ってやる。
・英語ができると、社会では『有利』ではある。しかし『必要』ではない。
必要って言えるレベルなのは「パソコン」だ!


今、英語をやるのは「学校の科目だから」だ。受験する場合必修科目になるからだ。


なお、「中学で英語はやる必要」は「ある」。なぜなら、英語に触れないと、英語が自分に向いているか向いていないかわからないから。
向いていたら、その力を伸ばせばいい。向いていなかったら、向いてる何かをやればいい。
『英語をやってみて、得意になって、活用できそう』だったら、活用すればいい。」


以上を聞いた姪は、ちゃんと英語の勉強をしだした。


英語は「必要」ではない。できれば「有利」なだけだ。
だから「必要」ではなく「できると有利」と言えばいいのだ。


今週の金曜日は文法放送。この続きは来週の月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments