HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 勉強法。苦手な人へ・指導者へ > 勉強法。苦手な人へ・指導者へ(11)


苦手なりの受験英語

 

2012年2月27日

勉強法。苦手な人へ・指導者へ(11)

・人並みになる方法のどこがアカデミックなのか?


テーマ
文法がアカデミックと呼ばれるのはなぜか?


苦手な人へ
今回はあまり苦手な人には関係ない話かもしれない。しかし、簡単に聞いてみよう。あなたは「文法」がアカデミック(学術的)」と思えるだろうか?
この質問の意図さえ、英語の苦手な人には分からないと思う。
 英語が苦手な人にとっては

・「文法が学術的かどうかなんかどうでもいい」
・「そんなことより、とにかく楽に英語が「分かる」方法を教えてくれ!」


という感想になると思う。それで全く問題ないと思う。
しかし、英語が好きな人(指導者を含む)には、これが問題になることがありえるのだ。


-----


指導者へ
指導者側にまわるような英語好きの多くは
・文法はなんかアカデミック(学術的)な感じがして嫌だ。
と思う人が多いのではないか?
 特に「文法用語の羅列」が並べられたとき、「なんじゃこりゃあ、知るかあああ! こんなの! こんなん知らなくても英文はだいたい読める! だから知らんで問題ない!」と思うのではないかと思う。


・「文法はアカデミックに感じて嫌だああ」
・「そんなことしなくても、英語が【もっと】できるようになる方法を教えてくれ!」


という感想になると思う。
あなたが指導的な立場でなければそれで全く問題ないと思う。
しかし、あなたが指導者である場合、これが問題になることがありえると思う。


-----


マウスバードの一言
私がよく聞かれる質問の中でこういうのがある。


●「あなたは英語が嫌いで苦手でどうしょもなかったのに、どうやって得意になったのですか?」


この質問を正確に答えるのは難しい。やったことをすべて挙げることになるからだ。
ただ「核」になったことを言うのなら一言で済む。


●文法を極めたから。


以上である。


そう答えると、英語の好きの皆様の多く(指導者を含む)から「なぜにそんなアカデミックなことをしたのか?」などと言われる。また、文法の質問にサクサク答えると「あなたはアカデミック過ぎる」と言われる。


私にはこれが疑問でならない。私は「英語が苦手な人(=低レベル)のための学習(=文法)」のことをやって得意になった。その知識(低レベルのための知識=文法)を伝えているだけである。


私は偏差値30.5から68.5まで伸ばした男だ。浪人時代の英語学習の主眼は文法であった。文法以外は「おまけ」みたいなものだった。文法は特に「偏差値30.5から55ぐらいに上げるまでの期間」、重要な役割を果たした。


 私は中学高校で満足に文法をやっていなかった。しかし浪人では夏休みまでに文法を仕上げた。


●文法を仕上げた後では
・英文解釈の授業で、
 ⇒単語と単語のつながりが分かる(それまでは毎回間違ってつなげていた)
 ⇒おかげで間違いが訂正された
 ⇒間違いが訂正されまくったので、成績が伸びた


という変遷をたどった。


 しかし、普通英語の先生になる人はどうか? 高3の時点で、偏差値は少なくても55以上、たいていは60以上であろう。彼、彼女らの多くは「文法にあまりこだわっていない(知らない)」。そんなの知らなくても「単語の数珠つなぎ」を国語力で行い、たいていの英文を読めてしまえるのである。私はこの能力を「英語の才能」と呼んでいる。


 ここで「厄介なこと」がある。こういう「英語の才能があふれる人たち」は「誰でも文法なしで英文を読める(例えば私[マウスバード]でも読める)」と思い込んでいることである。
「よっぽど変な英文ならともかくさー。簡単な英語なら、単語の数珠つなぎで誰でも意味はわかるはずだ」と信じてやまない。


果たしてそうか? 断じて違う。英語が苦手な人は「それが苦手・できない」のだ。


英語の才能がない人は、例えば
 Kumiko is thinner than Midori.

 What is war?
といった英文でさえ「さんざん考えて」誤訳することがあるのだ。
(どう誤訳したのか...はこちらを参照)


私も似たような間違いは散々しでかした。中学高校ではそういう思い出しかない。しかし、浪人時代は違う。そした間違いは、「覚えた文法知識」でようやく「なぜ間違いか・どうすれば正しい意味になるのか」を知ったのだ。そのおかげで間違いは次第に直り、その結果


・「偏差値30.5(英語がスーパーできない)」から
 という状態から、まずは
・「偏差値55(英語が人並み)」ぐらいに
 なることができた。


つまり
・「文法【英語苦手】から【英語人並み】になることができる要素
に他なからなかった。


=====


ところでた。


アカデミック(学術的)」とはなんだろう?
それは【専門家がさらに専門的に研究するようなこと】ではないだろうか?
ならば、言ってみれば
偏差値70以上の人が偏差値80ぐらいになる方法」がアカデミック(学術的)
ということにならないか?


それに引き換え、文法
偏差値30.5のアホが偏差値55の人並みになる方法
程度のことである。


人並みになる方法どこがアカデミックなのか? 私はとても不思議に思う。


・「文法なんざ、アホが学ぶべき低レベルな知識」。
・「長ったらしい、ろくに見かけもしない英単語の意味を覚える方」がよっぽど「アカデミック」だと思うのだが、あなたはそうは思わないのだろうか?


今週の金曜日は文法放送。この続きは来週の月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>minkaさん

minkaさんだったのですね。閲覧ならびにコメントありがとうございます。

センス20だったのですね。了解です。
>(1)【英文】を⇒ 「英語ー日本語の1対1の丸暗記ができなかった」
>(2)【英単語】を⇒「英語ー日本語の1対1の丸暗記ができなかった」

私は(2)はなんとかできるものの、minkaさんは(1)も(2)も難しいとおっしゃっています。

また、センス20はセンス0よりも「算数へ興味」が薄いはずです。
おそらく「これらの違い」が、私とminkaさんの違いだと思います。

>難しい方が学術的だとは思っていないです。意味論なんていうのもあるくらいだから、言葉の意味ってアカデミックだと思うのです。深いです。

minkaさんは、英語から日本語(もしくはその逆)において、「意味」と「表現」をより正確にマッチングさせたい方ではないかと思いました。

>英語自体というよりも、変な日本語訳が混乱の原因でもあったかなぁと思います。

なるほど。とくに昨今は「速く読むこと」に注意が向けられて、訳例にはあまりこだわれなくなっています。その所為かもしれないと思いました。(50年ぐらい前だとこれが違い、「正確で美しい日本語訳例」が好まれた)

>私も苦手だった分、教え方はうまいんじゃないかなって思ってます。

きっとお上手だと思います。これからもどうぞよろしくお願い致します。

あっ、そうそう、私はセンス20でしたよ。

すみません。
私、名前を入れたつもりでしたが、匿名になってたんですね。どうもすみませんでした。
下の匿名は私です。

私はとにかく丸暗記は文であろうが単語であろうが、苦手であり、苦痛なんですよ。ホント苦痛。
単語を覚え、文の中での役割を考え、例文を見て、それで納得するって感じです。単語の日本語訳が納得できないと、今ではそれに、英英辞典が加わり、それで調べて、また納得して、覚えるって感じです。基礎的な単語でも、結構今でも見直します。

ずっと、マウスバードさんのここの記事は読んでいます。
違うタイプだなぁって思います。
ですから、生徒にはいろいろな勉強の方法を提示しますし、押しつけません。
マウスバードさんの言うとおり、学習者のタイプは様々で、読みが得意な子もいれば、聞くのが好きな子もいます。
私も苦手だった分、教え方はうまいんじゃないかなって思ってます。

難しい方が学術的だとは思っていないです。意味論なんていうのもあるくらいだから、言葉の意味ってアカデミックだと思うのです。深いです。

英語自体というよりも、変な日本語訳が混乱の原因でもあったかなぁと思います。

>匿名さん

コメントありがとうございます。
コメントを拝見し、考えた限りで書きます。

匿名さんと私は若干違うタイプなのかな、と思いました。
↓これがどれになりますか? (私はセンス0です。センス20も苦手な人で、場合によってはセンス40aやbの苦手な人もいるでしょう)
http://www.ye-study.com/typehome-01.htm


匿名さんは「英語ー日本語の1対1の丸暗記ができなかった」とお書きになっていますが、これは
(1)【英文】を⇒ 「英語ー日本語の1対1の丸暗記ができなかった」
(2)【英単語】を⇒「英語ー日本語の1対1の丸暗記ができなかった」
この(1)か(2)か、あるいは(1)と(2)の両方なのか? どれに当てはまるのでしょうか?

もし「(1)のみ」であれば、私と同じです。しかし「(2)の意味」、もしくは「(1)と(2)の両方の意味」であれば、私と匿名さんは少し違うタイプだと思います。

私は【英文】を「英語―日本語で丸暗記すること」がスーパー大苦手でした。できませんでした。
私は【英単語】を「英語―日本語で丸暗記すること」も大苦手でしたが、こちらはなんとかできた、ということになっています。

匿名さんは
>卒業して随分たってから、英単語は日本語訳がぴたりと当てはまるわけではないとわかってからは、随分と視界が広がりました
とおっしゃっているので、
(2)【英単語】を⇒「英語ー日本語の1対1の丸暗記ができなかった」
の意味でおっしゃっているのではないかと思いました。こちらならば「文法は学習しずらいだろうな」と思いました。


思うのですが「自分にとって難しく思えるもの」を「学術的」と考えていらっしゃらないでしょうか? 例えば、小さい頃から算数が極端に苦手な人は「分数の掛け算、割り算」ですら「学術的」と捉える人がいらっしゃいます。
ちょっと例を挙げます。
「まもるさんは、30キロメートルの道のりを6時間で歩きました。まもるさんは時速何キロで歩いたでしょうか?」
 これは
・【時速】=【距離】÷【時間】である。
・この場合【距離】は30キロ 【時間】は6時間 である。
・したがって、30÷6=5 で、【時速】は5キロ である
 という具合に答えが出ます。
これは小学校レベルの「基礎的」なものです。しかし【こういうの】が苦手な人は、こういう「基礎的なもの」でも「学術的」と思ってしまうと思います。

文法は「単語を分割して、構造を把握する作業」と言えます。だからこういう作業を「難しい」と思う人は、「文法は学術的だ」と思ってしまうのではないかと思います。


>今も、単語の意味と文法構造の2段構えでないと覚えられません。

少なくとも文法構造を把握されていないと覚えられない、とおっしゃる匿名さんは「初歩の英語でも文法が必要なタイプ」と思います。ただそれ(文構造把握)を「難しい」と感じてしまわれるのだと思いました。
どうでしょうか?

こんにちは。

私にとっては文法も、言葉の意味も、どちらも基礎で、どちらも学術的だと思います。どちらも深いです。

私も赤点ばかり取ってましたが、マウスバードさんとは違うタイプですね。
単語の日本語訳がどうにも変に感じて、つまづきました。英語ー日本語の1対1の丸暗記ができなかったし、その日本語訳単語を並べて文にしたら、ますますわからなくなったといタイプです。

卒業して随分たってから、英単語は日本語訳がぴたりと当てはまるわけではないとわかってからは、随分と視界が広がりました。
ちゃんとした意味と使い方がともなわないと覚えられないのです。

わたしにとってはどちらも難しく、きちんとわかれば、理解の手助けになります。
今も、単語の意味と文法構造の2段構えでないと覚えられません。

>たこさん
どもです。

おそらく、英語ができる人にとっては「文法」のほうが遠回りに思えると思います。彼らにとっては「文法は不要」なので。単語の数珠つなぎでなんとかなるうえ、文法で考えるのが嫌いなの模様です。

もちろん「英語ができない人」はこれが逆になるわけですが…


>発音
なるほど~電子辞書は盲点ですなあ~。これを上手く活用できればあいなあ、とは思いました。
ただ、例えばそれこそ「girl」は電子辞書でどう発音されるのでしょうか? 私の耳には「グロー」と聞こえそうです。だから、先生(人間・日本人)のほうがいいような気がするのです。どうでしょうか?


電子辞書ですが、う~ん。上手く使いこなせればいいと思います。ただ基本的な私の意見は
/beginner/article/mouthbird/2006/03/post_126.html
なのです。

 苦手な人は辞書でSVOCや「用例」も探して欲しいのです。SVOCや用例は文法の学習時で探すこともあります。この作業が電子辞書だと紙よりもはるかに難しいと思うのです。特に「苦手な人には難しい」と思っているのです。どうなんでしょうかね~??

お久しぶりです。たこです。

文法は受験英語だけでなく英語ができるようになる近道なんですよね。英語好きの人は回り道しても出来るようになってしまってるだけなんですよ、多分。そしてその労力もいとわないという、恐ろしいですね。

ところで質問なんですが、(10)で発音の事について出来る人に聞くという項目がありましたが、それはマウスバード先生がいつも言ってる「苦手な人はできる人に教えてもらうべき」に含まれる事なんでしょうか??

今の高校生は殆ど電子辞書を持っていると思います。電子辞書に反対ということも知っていますが、電子辞書には発音機能があります。これをうまく使えばいいんじゃないでしょうか?(確かに発音記号を覚えればいいんですが英語嫌いの人はやらないってのを前提に)

高校入学時から電子辞書を使ってきた、周りも使っていた世代の自分にとってどうも紙の辞書に戻って勉強する理由が何度も何度も理由を聞いても腑に落ちないんです。英語が苦手な人はアルファベットを見たくないんだから辞書なんて引かないだろうなって最初に思ってしまって。やはり導入は簡単なほうがいいんじゃないでしょうか?何となく辞書を引くことに労力を使ってしまってほんとは文法をもっと勉強したほうがいいのに辞書を引いた時間勉強した気になってる人がいる気がします。
(自分の事ではなく世間的にといった意味です)