HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 勉強法。苦手な人へ・指導者へ > 勉強法。苦手な人へ・指導者へ(24)


苦手なりの受験英語

 

2012年6月25日

勉強法。苦手な人へ・指導者へ(24)

英語の音声の好き嫌い


テーマ
英語嫌いは英語の音声が嫌いである


苦手な人へ


あなたは、英語の音声が、テレビやネットなどから聞こえた場合、どういう反応を示すだろうか?
⇒なるべく聞こえないようにするであろう。テレビならチャンネルを変える。ニュースなどで流れたら、日本語字幕しか見ないだろう。


●学校の英語の授業で英語の音声が流れた場合はどうするか?
聞き流してその間に別のことを考えるだろう。学校の先生には「できるだけ、はっきりした日本語英語みたいな喋り」を期待するはずだ。そうでないと「何と発音しているか、さっぱり分からず不快だから」である。


しかし、英語が好きな人はこれとは全く違う反応を示すのである。それを以下に記す。


---------

指導者へ


あなたは、英語の音声が、テレビやネットなどから聞こえた場合、どういう反応を示すだろうか?
⇒なるべく聞き漏らさないように、耳をダンボにして聞き入るだろう。テレビならわざわざ英語が流れるチャンネルに変える。ニュースなどで流れたら、日本語字幕をなるべく見ないようにするだろう。


●学校の英語の授業で英語の音声が流れた場合はどうするか?
⇒ものすごく集中して聞こうとする。学校の先生には「できるだけネイティブみたいな喋り」を期待するはずだ。そうでないと「英語っぽくなく不快だから」である。


しかし、英語嫌いな人はこれと全く違う反応を示すのである。それは既に上で記した。


--------------


マウスバードの一言


私の経験上、英語好きな人はみな、上の「指導者へ」で書いた反応を示す。
で、ここが肝心だが


彼ら英語好きな人)は「苦手な人へ!」で書いた反応理解を示さない。真実と思ってくれない。想像できない


  はあ~~? そんな人いるわけないじゃん! 
  普通、生の英語を聴きたくなるでしょうに~


という反応を示す。「自分の反応」が絶対であり、そうでない反応(ここでいう「嫌いな人の反応」)を【ありえない】と断定する。彼らは例外なく「自分の反応は人類共通」と思い込んでおり、それを疑わない。


そういう人にはこれを見せている。


同じことでも反応は真逆になる人はたくさんいるのだ。
英語らしい音声は、英語嫌いにとって「最も不快な音」なのである。


今回は以上。


※明日以降の近日中に、特別に「お遊びの告知」をするかもしれません。
しました!

金曜日はいつもの文法放送。レギュラーの話の続きは来週の月曜日にいたします。【勉強法。苦手な人へ・指導者へ】の最終回の予定です


(↓目次はこちら)

目次ページへ

Comments