HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英語指導者と数学と理科 > 英語指導者と数学と理科(4)


苦手なりの受験英語

 

2013年2月 4日

英語指導者と数学と理科(4)

●一部の英語教師は「3までの数字」も数えられない


 が「三単現」について中学生に某学習掲示板で語っていたときのことである。某英語指導者が私に割り込んで、こう書き込んだ。


 某英語指導者:「1人称、2人称、3人称って言い方、難しくないですか?


私は口をアングリと開けた。「こいつは「普通の中学生は3まで数えられない」と思っているのか? 少なくともこいつはそうだったのか?」と思った瞬間だった。そして彼は続けざまにこう書き込んだ。


「私はこう教えています。【主語が I ,we, you 以外のときは、s が付くよ。be動詞だったら is】。どうでしょうか? これなら「三単現」なんて難しい言い方が必要ありません。^^」


頭にきた私はこう反論した。


 私:「じゃあ主語が they や people のときは s が付くのですか?


返事はなかった。


私はこのときこう思った。
英語指導者の中には3まで数えられない人がいる。少なくとも数えにくいらしい。こいつらはまともに小学校教育を受けたのだろうか?
と。10までは小学校1年生で数えられるはずであるので。


==================


要するに、多くの英語教師は「数アレルギー」なのだ。数字を見るだけで不快。数字を見たくない。
数アレルギー」になってしまったこと自体は「当人には」仕方がないことだと思う。
こういう英語教師が「だから人類はみな数字が嫌いなはずである」と考えることが問題である。


そう考える彼ら
⇒センター試験や教科書で、科学や数学を困難なものにしたがり、
⇒自分が如何に数学が嫌だったかを表明し
⇒3までの数字でも数えにくいことを恥ずかしがりもせず公表する

のである。


==============================


「数アレルギー」の彼らに、私からお願いが1つある。


私を含め、英語嫌いは「英語アレルギー」である
・アルファベットが不快で不快でしょうがない。見たくない。
・英会話が嫌い
・洋楽が嫌い
・英語が聞こえるのが最も不快
なのである。


これを「仕方がなこと」と認めていただけないだろうか?
英語を好きなれ! とか なぜ英語を楽しもうとしないのか?
 などと言わないでいただきたいのだ。


あなたの場合で置き変えれば
数学を好きなれ! とか なぜ数学を楽しもうとしないのか?
と言われたくないでしょう。違いますか? それと同じ


ここに「数アレルギーとアルファベットアレルギーの違いがはっきり分かるページ」があります。ぜひ見てください。


極度な英語アレルギーでも、私のように「英語が得意」にはなれる。得意になれば、英語好きになるかもしれない。そういう具体例はあります。そうすれば、あなたがたの好きな英語の普及につながるのではないでしょうか?


今回のシリーズは以上です。
金曜日はいつもの文法放送。来週の月曜日は雑談を1つ入れます。
新シリーズは来週の月曜日から始めます。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>minkaさん
英語好きな方は、日本語が嫌なケースがたびたびあるようです。私が教えたケースでは「文法用語を「日本語」ではなく「英語」で言ってくれ」とリクエスト受けたことがあるくらいです。日本語はやだ。「動詞」を varb、「形容詞」を adjuctive、と言ってくれ、と頼まれました。

>三単現と過去形で中学1年の生徒の3分の1が授業についていけなくなるので、ここを教える先生は責任重大
3分の1もついていけなくなるのですか? どこかに正確な統計資料はありますか? もしあったら教えて下さい。私の体感的には……う~~ん、やっぱそのくらいかな?

>中3の英語苦手な生徒に聞くと、皆、中1でもうわからなかったって答えます

でしょうね。私もそうでした。
ただ、私の場合は、三単現も、過去形も、進行形も楽々でした。(もっとも不規則変化は全然覚えていませんでしたが)助動詞も受動態も完了形も無問題。
しかし関係代名詞がダメでしたね…

私が中1からからっきしダメだったのは「単語」でした。 girl が読めず、分からず、恥をかいた話はこのブログでは有名でしょう。
/beginner/article/mouthbird/2005/07/post_7.html
知ってて当然の単語がわかりませんでした。中3の時「 only って何? どういう意味?」と部活の同級生に尋ねて呆れられたことを思い出しました。

文法も、単語も、結局は地道にやらなければならない、と思います。

私はコツはコツで情報を集めています。
しかし特に苦手な人は「ウサギじゃなくて亀」の精神が根底になければ、結局は成績が上がらないと思います。
勉強しなければ成績は上がらないのは確かですから。

姪には「文法と単語」を分からせて、それから亀のようにゆっくりたっぷり反復学習をさせています。ご参考までに。

こんにちは。
丁寧なご返事ありがとうございます。
へー、大学生なんですか。
大学生にしては教科書を気にした教え方をしているんだなーって思いました。教職希望だったのかな?それともただの偶然かも。

三人称は日本語なので、そんなに数字嫌いとは関係ないんじゃない?というのがわたしの意見なのですが、本当のことはわかりませんね。

三単現と過去形で中学1年の生徒の3分の1が授業についていけなくなるので、ここを教える先生は責任重大なんですが、わかってない先生が多すぎます。
過去形に入る前に進行形が出てくる順番もよくないんじゃないかと考えたりもします。
中3の英語苦手な生徒に聞くと、皆、中1でもうわからなかったって答えますからね。

私自身、より分かりやすい授業を模索中です。

>minkaさん

minkaさんご自身は「そういう事情ではない・3人称は分かっていた」…ということですね。まずここの推測の誤りを謝罪します。申し訳ありませんでした。その上で、minkaさんそうでない人の事情を思い図れるので、貴重な英語指導者だと私は思いました。

で、それでですが…
 この先生の当時の立場は実ははっきりしています。もう10年ぐらい前のYahoo掲示板の学習指導関係のスレッドで現存してないので証明しようがないのですが、(当時)大学生だったんです。自分でそう説明していました。しかも私のサイトで私のプロフィールを確認した上で、「私と同じ大学の後輩、さらにサークル(WESA:Waseda English Speaking of Association)の後輩」とも言ってました。つまり塾か家庭教師の先生だったのです。

少なくとも私が在籍していた頃のWESAは英語好きの集まりでした。英語好きの彼らは「文法の話をすると逃げて」いきました。
参考↓
/beginner/article/mouthbird/2005/07/post_9.html

Yahoo掲示板のそもそもの話題は「三単現のSってなんですか? どういう事情でSが付いたりつかなかったりするのですか?」という質問でした。それに対し私は「1人称、2人称、3人称とはこれこれこういうものです。3人称で単数で現在の場合を略して「三単現」といい、Sがつきます」という解説を返事で投稿しました。
 で、それに続く、というか割り込んできたのです。もっといい説明の方法があるよという提案のつもりだったと思います。で「三人称って言い方が難しくないですか?I you we 以外は全部Sがつく」と説明した投稿をされたのです。
 私はこのとき、(この推測があっているかどうかは別として)こう思いました。
  ⇒「文法嫌いだと3まででも数えにくいんだな」


>英単語と結びつけるとぼんやりしてしまう生徒が多いんですよ。

そうだと思います。だから minkaさんの場合は、三人称という言葉を使わずに最初は説明するのも有効、と考えられたのだと思いました。最初は良いかもしれません。しかしゆくゆくは困ると思います。そもそも掲示板の最初の質問者さんは「そこ(三単現のSって何?)」で困っていたのです。その返事が「三人称って言い方が難しくないですか?I you we 以外は全部Sがつく」…というものだったのです。
 これでは「質問者さんは困るだろう」、と思ったわけです。

こんにちは
丁寧なご返事ありがとうございます。
まちがいなく、マウスバードさんは生徒にきちんと教えてるって思ってましたよ。ただ、ちょっと某先生を弁護したかったのです。もう少し弁護させて。^^

>「 I you we 以外は S が付く」
こういう説明をするあたりから、某先生は公立中学校で40人を相手にクラス授業をしている先生であるということが予想できます。一クラスには学習障害を抱える生徒が必ず2,3人います。50分集中できている中学1年生は少数派でしょう。・・・というような背景があります。

教科書にもよりますが、某先生の使っている教科書には三単現のsが登場する時点で人称代名詞はI you weの3つしか登場しないのでしょう。theyはまだです。peopleという単語もまだ習っていません。この時点でcatsなどの複数形もまだです。
そんな中で、likesが出てくるわけです。

2学期には人称代名詞が出そろうので、その後全体をまとめるような授業をするんじゃないかなと推測します。
某先生も中2生徒に「 I you we 以外は S が付く」なんて説明はしないと思いますよ。だって間違いじゃん!
某先生は三単現sの導入部をイメージしていたと思います。
某先生がマウスバードさんに返事していたら、そういったところがわかったんじゃないかなと思います。

私は全体の決まりを説明するやり方をとる(theyが使えないので、Ken and Tomを主語にしたりで説明します)ので、某先生とは違う説明をしますが、某先生のやり方はそれほど悪くはないと思うのです。

三人称という言葉がすんなり理解できて実際の英文作りに生かせる生徒ならいいのですが、問題はできない生徒にどう教えるかです。このブログってそういう趣旨ですよね。
中学校でも塾でも姪御さんのような生徒はたくさんいましたよ。

それから、私は人称の意味は中学の時から、ちゃんとわかっていましたよ。三人称は日本語ですからね。
苦手な私がわかっていたからといって、生徒が全員わかっているとはかぎりません。
英単語と結びつけるとぼんやりしてしまう生徒が多いんですよ。

>minkaさん
ご見解の書き込みありがとうございます。


>三人称や三単現は、英語学習初心者への繰り返し学習には向かない言葉
>英語教師がよく使うから、「三人称、三単現」という言葉は知っているのに、sをいつつけたらよいのかわかっていない生徒がたくさんいるのは事実です。

ふむふむ。minkaさんも英語がお得意でなかったことを私は知っています。ですから、minkaさんも三人称や三単現の把握が難しかったのではないか、と推測します。そしてそのように感じたりする人はminkaさんに限らず、大勢いらっしゃるのは事実だと思います。


ただ、そうでない英語が苦手な人も大勢いるのも事実です。


私は中1から高3まで、英語は赤点しか取ったことがないスーパー英語あんぽんたんです。
ですが、そんな私でも「三人称や三単現は、たった1回ですぐに理解し、意味も分かりました。」
だから少なくとも私にとっては
>三人称や三単現は、英語学習初心者への繰り返し学習に【向いている】言葉
です。同様の英語ができない学生は沢山いると考えます。


>英語教師がよく使うから、「三人称、三単現」という言葉は知っているのに、sをいつつけたらよいのかわかっていない生徒
…これですが、minkaさんとは「同じかあるいは違う観点なのか」分かりかねることがあります。

私の経験上では
⇒英語教師がよく使うから「三人称、三単現」という言葉知っているのに、【その意味を知らないので】、sをいつつけたらよいのかわかっていない生徒がたくさんいる…と思います。実際そういう生徒をで中学生で1人、高校生で3人、1昨年~昨年にかけて発見しました。【「三人称、三単現」という言葉の意味を知らない高校生が】最近増えているのではないか思っています。

その例の1つは既にブログにも出ています。この生徒は「小学校の時から英会話学校に通い、現在でも通っている…けれども英語が嫌いで苦手でしょうがない」という高2の女性でした。↓こちらの人です。三単現のsを知らなかった話も少し登場しています。
/beginner/article/mouthbird/2012/04/post_924.html

 彼女の最初【第1回目】の授業で、彼女はSの付け方を間違えていたので、私は「3人称」の意味と「3単現のS」を聞きました。すると「分かりません」という返事でした。私は「君もかあ。君だけじゃないよ、最近多いよ」と言いながら、彼女に「3人称」の意味と「3単現のS」を私は教えました。すると彼女は「へ~そういう理屈で S が付いたりつかなかったりするんだ! 知りませんでした!」とおっしゃり、目を丸くしていました。今までいつもさぞかしここで悩んでいたものと思います。教えた回の次の回の授業で確認したところ、2つとも完璧に把握してました。(⇒ちなみに彼女は今年高3で、推薦で関西学院大に合格しました。)

関連でもう1つ。
 私が教えた中で、最も英語ができない生徒は「私の姪」です。中2で受け持ちました。何度も何度も「人称」(もちろん「三人称」を含む)を教えました。姪の場合、上記の生徒と違い(minkaさんがおっしゃるように)「人称の把握」がなかなか出来ませんでした。毎授業で私は姪に何度も何度も人称を訪ねました。 しかし私は「 I you we 以外は S が付く」などとは姪に教えませんでした。姪にはこれ以上テストで×を貰い、悪い成績を取って欲しく無かったからです。 they や people が主語の場合、一般動詞の現在形に s をつけたら「×」になります。姪は何度も間違えながら苦労して、やがて把握できるようになりました。今では完璧に三人称の意味も三単現もわかります。姪が来年高校生になったとき「三単現のS」という言葉を聞いても、困ることはないでしょう。
 
 説明は「可能な限り」簡略化できるに越したことはないとは私も思います、ですが、いくら簡略化できるからと言っても、それが元でのちのち【頻繁に】困ったり、テストでよく間違いになるような「嘘」になるなら、(少なくとも私は)そのように教えたくはないです。

こんにちは。
某英語指導者の弁護をちょっとしたいと思います。

中学校では英語教師は普通に三人称や三単現という言葉を使っています。「ここは三単元のsだよー」なんて授業中よく聞かれます。
でも、やっぱりみんなsがつけられない。それで、某先生は三人称という言葉を使って教えるのは難しいんじゃないの?と思ったのです。

英語の先生は三単現という言葉を出す前に、当然一、二、三人称の説明を一度します。
で、その後生徒は・・・・忘れます。いつ動詞の後にsがつくのだったかも忘れます。
だから、「youは三人称じゃないでしょ」とか、「これは三単現のsね」って説明も理解できません。

そこで、某先生はこう思いました。
ここはいつsがついて、つかないかが区別できればいいわけで、「三人称って言葉を使わなくてもいいんじゃないかな。」と。他にいいやりかたはないだろうかと考えたわけです。

英語教師がよく使うから、「三人称、三単現」という言葉は知っているのに、sをいつつけたらよいのかわかっていない生徒がたくさんいるのは事実です。

生徒はいつも話をしっかり聞いているとはかぎりません。しかも、1クラス40人もいます。
繰り返し同じことを言うことが必要になってきますが、三人称や三単現は、英語学習初心者への繰り返し学習には向かない言葉なのです。
なぜなら、またその言葉の意味から説明しなければならないからです。

一度で理解し、定着しない生徒を放っておく中学教師はたくさんいますが、某先生はなんとかしたかったんじゃないのかな、と私の経験上推測できます。むしろ、良い先生なんじゃないかなと思いました。