HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英語に関する先入観と矛盾点 > 英語に関する先入観と矛盾点(1)


苦手なりの受験英語

 

2013年7月 8日

英語に関する先入観と矛盾点(1)

 今日より新たなレギュラーの話題を始めます。「英語に関する先入観と矛盾点」というタイトルにします。


 どうも世の中に「英語教育に関して、変な【先入観】が満ち溢れている」と思います。多くの人が「~が当然」と思いこんでいることがあまりにも多いような気がするのです。それらを1つ1つ取り上げて、それが如何におかしいことなのか、ということを紹介する話を紡ごうと思います。


 ではさっそく1回目


【先入観】
英語なんて言語なんだ。だから誰でも普通できる! 普通は喋れるようになれる!


【矛盾点】
もしそれが本当なら、今既に日本国中、英語が喋られて充満しているはずである。
今の日本でどれだけの人が普段英語を喋っているのだ?
おそらく1%もおるまい。なぜ1%もいないのに【誰でも普通できる】という意見があり、そうだと思い込む人がいるのだろう?


【現実】
日本に住んでる日本人は英語は普通できない。 普通は喋れるようにならない。


それでも「普通」と言い張る人は「英語の、語学の、才能がある人」だ、というのが私の意見である。
こういう人たちは「自分が基準」なので「自分は普通だ。普通の自分ができたのだからみな普通できる」と言い張るのである。


こう書くと「語学に才能なんてない。みな同じく等しい」と言う人が出てくる。その人向けにたとえ話をしよう。
・ここに100人の人を集めて、100mの徒競走を行うとする
・そうしたら100人が100人別々のタイムになるはずである。100人が100人みな同タイムでゴールしないはずである。
 このように等しくないのだ。


これと英語は同じ。
・ここに100人の人を集めて、英単語100個記憶テストを行うとする
・そうしたら100人が100人別々の点数になるはずである(そりゃ同点になるケースも多数存在するが)。少なくとも100人が100人みな同点にはならないはずである。
 このように等しくないのだ。


今週の金曜日はいつもの文法学習です。この続きは来週の月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>清水恭宏さん

英会話学校の先生である清水恭宏さんからのご意見であることに意味が大きいと思います。

私の中学高校はやや特殊で「語学の天才」が8割ぐらいいる学校でした。私が単語テストのために30~40分かけて英単語を青息吐息で10個覚えている時間に、彼らは30~50個の英単語を覚えていました。テストの結果は雲泥の差。このように同じ時間をかけても差が出てくるのです。ですが、彼らは私を「勉強してないだけだ」としか思ってくれなかったのです。

英語による英語の授業がごく一部の人(私の見積もりだと10人に1人ぐらい)にしか意味がなく、状況をさらに悪化させるだけ、という話はまた別の機会に書かせていたきます。そのときにまたご意見をいただければと思います。

Mouthbird様

おっしゃるとうりだと思います。語学には努力だけで到達できないレベルがあることを認識しなくてはなりません。そのことを認識したうえで苦手な子をどう指導すべきか、考えることが必要なのでしょう。私はプライベートレッスンしか提供しておりません。それは個々の能力の違いを分かっているからです。仮にスタートラインのレベルが同じであったとしても、時間が経過すれば理解度、習熟度に差が出るのは当然です。

大人数の学校で英語を英語だけで授業するのは、まさに机上の空論です。海外の語学学校と提携して仕事をしていたこともありますが、一クラスの人数は最大でも10人程度です。それも6レベルとか7レベルに分けての話です。それでも全員が満足いく結果を得られるわけでないのが現実です。同じレベルの生徒さんでも「話す・聞く・読む・書く」の4技能のバランスは異なるわけなので、全員のニーズを満たすことは至難の技です。

これを一クラス30人から40人の環境で行うことが不可能なのは自明です。かといって英語教員を雇う財源もないはずです。(だから英語ができない小学校の担任の先生に英語を教えさせようとしているのです)限られた財源及び人的資源の中で最大限の効果を生むにはどうすべきか?冷静に考えるなら英語で英語の授業という結論に至るはずがないのですが。