HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英語に関する先入観と矛盾点 > 英語に関する先入観と矛盾点(6)


苦手なりの受験英語

 

2013年8月19日

英語に関する先入観と矛盾点(6)

【先入観】
「バイリンガルの重要性を説くこと」は、英語が苦手な人にとっても、英語の学習意欲向上に役立つ


【矛盾点】
じゃあ、ろくに日本語を喋れない英米人を、アシスタント・ランゲージ・ティーチャーとしてガンガン雇っているのはなぜだ?


【現実】
私が、高校のとき、英語の先生がこう語った。
「いいか。日本語だけだと、他国の人の考え方が分からなくなるんだ。だからなんなら別に英語に限らなくてもいい。別の言語を分かるようになろう」


私が、講師をしだしたときの英語の長文教材の内容でこういう話が合った。
「1ヶ国語しか話せないのは、窓が1つしかない部屋のようなものだ。情報が入りにくいのだ。2ヶ国語が分かれば、他国の情報が正確に分かり、有意義である」
こんなような内容であった。


 そうか。そんなにバイリンガルが重要なのか。ではなんで、文部科学省は、英語しか喋れない&ろくに日本語を喋れない英米人を、アシスタント・ランゲージ・ティーチャーとしてガンガン雇っているのだ?


 こういう矛盾を、英語大好き人間の多くはどう思っているのだろう? 私は「英語を好きになると、こういう矛盾が理解できなくなるほどに脳みその力が衰える」かもしれない、と本気で疑っている。


 ちなみに、私の出身高校の「G」というアシスタント・ランゲージ・ティーチャーは10年間日本にいて、日本語をろくに覚えずアメリカに帰っていったことで有名。
 Gは「バイリンガルじゃなくても、海外で立派に生活できることを証明」してくれた。私が英語の学習意欲など向上するわけがない。


今週の金曜日はいつもの文法学習です。この続きは来週の月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>清水恭宏さん
 少なくとも、日本に来るALTは「バイリンガルであることが大事と思うから日本に来る」のではないと思います。別の理由だと思います。例えば下世話だけどお金とか。あるいは今だったら日本のオタク文化に触れたいという理由で来る人もいるかもです。
 変な理由をつけずに「俺たち(英語好き)は英語を宗教のように崇拝し、特に『英語の発音がいいことは【人類共通】で素晴らしいこと』だ思っているから」とでも言ったほうがまだましだと思います。私は怒り狂いますけどね。
/beginner/article/mouthbird/2006/08/post_214.html

MOUTHBIRD様
全く同感です。英語を母国語にしている人の多くは、外国語を勉強する意義が分かっていないし、心の中で「全世界の人間は英語を話すべきだ」と思っています。いわゆる英語帝国主義というメンタリティーです。つまり日本に英語を教えにくる大半の「英語を話せるだけのネイティブ講師」は最初から上から目線です。

そういったレベルのネイティブ講師をちやほやする結果、大きな勘違いをして帰国する人もいます。ニュージーランドの語学学校の校長先生がこう嘆いていました。「日本でALTの経験を積んだ人が、私の所で働けないかと、求職してくるの。その度にCELTA(外国人に英語を教授する資格)は、最低限持っているの?と聞くの。英語を教える仕事がこの国では資格のいる仕事だと思っていない人がいて困るの。」

私たちはネイティブ講師を甘やかしすぎなのです。一旦現在の思いやり予算のようなJETプログラム(ALTを募集する制度)は完全に止めて、未来を担う英語教員を留学させる資金に振り返るべきだと思います。言いたくありませんが、よく英語を教えているな、と思うレベルの学校教員が多いことに愕然とします。英語を話せないだけでなく、肝心の受験指導さえできる学力を有していない教員が本当に沢山います。教員採用試験制度そのものにに明らかに問題があります。