HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 文法に詳しくないから英語が喋れない > 日本人は文法に詳しくないから英語が喋れない(1)


苦手なりの受験英語

 

2013年11月11日

日本人は文法に詳しくないから英語が喋れない(1)

新しいシリーズに行きます。タイトルは「日本人は文法に 詳しくない から 英語が喋れない」です。これは前々回の「先入観シリーズ」で少し触れました。今回はこれの拡大版のような感じです。


 よく巷で言われる次のような話があります。


・日本人は文法はやたら詳しい。日本人の多くが英会話が苦手な原因はそこにある。
・喋りたいなら文法よりも会話の練習をすべきだ


 ↑これをどう思うでしょうか?
ここを見ている方は、漠然と「そうなんじゃないの?」と思う方が多いかもしれません。


しかし私の見解は↑これと全く逆です。
日本人の多くは文法にちっとも詳しくなんかない。日本人の多くが英会話が苦手な原因はそこにある。
・多くの日本人は、英語を喋りたいならば、英会話よりも英文法の演習をすべき


という意見です。


 さあ、私の意見に反対の皆さん、集合して下さい。このシリーズで皆様の意見をぜひ私に聞かせて下さい。お願いいたします。

-----

ではでは、このシリーズの最初として、まず私と意見が異なる皆様が「喜びそうな事実」を書きましょう。

【事実】
今現在英語が好きで得意で英語がペラペラ喋っている日本人の多くは、文法に詳しくない。(つまり文法に詳しくなくてもペラペラ喋れている
日本にいるアメリカ人やイギリス人(特にALT(学校にいるネイティブの英語の先生))が、中学高校で教わる英文法に「こんなの知らない!」と舌を巻く。ネイティブが「日本人は文法を教えすぎて会話の練習が少ないように思える。だから日本人の多くが英会話が苦手だ」と主張する

私はこれらを肯定します。↑その通り!。 ↑これらは事実以外の何物でもないと思います。

 ですが、だからといって
・日本人は文法はやたら詳しい。日本人の多くが英会話が苦手な原因はそこにある。
・喋りたいなら文法よりも会話の練習をすべきだ

  ...という結論にはならない...と思います。

こう書くと、皆様の多くは
「なんでやねん! そういう結論にしかならないやんけ!!」と思うかもしれません。そういう方に、ぜひ今回のシリーズを読んで欲しいと思います。
続きは来週の月曜日です。金曜日はいつもの文法学習です。

(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments