苦手なりの受験英語

 

2014年5月12日

分詞って何?(2)

分詞を最初に習うのはおそらく最初は中2です。このとき「受動態」というものを習います。
ここを説明しましょう。


まず、受動態ではない普通の英文を出します。
She kicked him.
これは受動態ではありません。「主語+動詞~」で成り立っている基本の形です(これを能動態と言います)。
この英文の意味を考えましょう。


 ⇒彼女は彼を蹴った
となります。これだと主人公は 彼女(she)になります。


今から!↓


この場合で、主人公を彼に変えたい場合を想定します。日本語で言えば
 ⇒彼は彼女に(よって)蹴られた
という表現にしたいのです。


当然、主語は she から he に変ります。つまり出だしは
 × She
 ○ He
です。

でも He kicked ... とは書けません。これだと「彼が(何かを)蹴った」ことになります。そうではなく「彼は蹴られた」にしなければなりません。


 ⇒この時、【受動態】という表現を使います。


受動態は
 be動詞+過去分詞

で作られます。


つまり
 He + be動詞+過去分詞
にしたいのです。


まず ↑これに則って、be動詞を決めましょう。


Heかあ~じゃあ is だな......と単純に考える英語が苦手な人が非常に多いです。慌てないでくださいis でいいのは現在時制の場合だけです。
元々の英文は She kicked him.でした。これは何時制? 現在時制ではなく過去時制ですね。


したがって be動詞も過去時制にします。だから
 × He is +過去分詞
 ○ He was +過去分詞
です。
ここまでよろしいでしょうか?

つぎは kicked の過去分詞を考えましょう。kick は規則変化です。だから過去分詞も過去形と同じく kicked。
したがって
He was kicked
と出来上がります。ここまでOKと言えばOK。意味は「彼は蹴られた」です。


でも、今回は「彼は彼女に(よって)蹴られた」という意味を作りたかった。このままだと「彼女によって」が書いてない。
どうやって「彼女によって」と付け加えるか? 受動態の場合、原則として、決まった方法があります。
それは


⇒ 後ろに「 by ~(今回は「彼女に」)」とつける。


のです。


したがって
⇒ He was kicked by ~(今回は「彼女に」).
⇒ He was kicked by her.
となります。


He was kicked by her.「彼は彼女に(よって)蹴られた」...これが完成形です。


↑この形が「受動態」の英文です。
 was kicked は「be動詞+過去分詞」でしたね。したがってこの kicked は「過去形」ではなく「過去分詞」として使われているわけです。


これが日本の学校教育において最初に習う「過去分詞」の説明でした。
分かりますでしょうか?


 今週の金曜日はいつもの文法放送。この続きは月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments