苦手なりの受験英語

 

2014年5月26日

分詞って何?(4)

今日は(当初の予定にはなかった)「現在分詞」の話をします。
過去分詞は出したのに、現在分詞を出さないのは変でしょうし。


中学で最初に習う現在分詞は、実は「進行形」のときに登場します。



 The boy is running.(その少年は走っている)
 The boy is running in the street.(その少年はその通りを走っている)


上2つは極普通の「現在進行形」ですね。
 be + ~ing は「~している、~し続けている」という意味。これを「進行形」と言うよ、
と中学で習うはずです。


実は、この「進行形」のときの ~ing を「現在分詞と言います。


つまり
 The boy is running.(その少年は走っている)
 The boy is running in the street.(その少年はその通りを走っている)


この(進行形の)場合の running は 「run現在分詞形」なのです。


進行形」のときの ~ing は「現在分詞」←これをしっかり覚えて下さい!
今回は以上です。次回からがメインです。ですがここまでが分かっていないと、メインはわけが分かりません。
知らなかったら、ここまでをしっかり把握して下さい。


 今週の金曜日はいつもの文法放送。この続きは月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments