HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 自動詞・他動詞の知識の効用 > 自動詞・他動詞の知識の効用(7)


苦手なりの受験英語

 

2015年2月23日

自動詞・他動詞の知識の効用(7)

「自動詞と他動詞の知識」を知っていれば、分かる・解ける、役に立つ、話題です。
「自動詞・他動詞」が分からなければ、今回の記事を読まず、先にこちら(2)(リンク)から(4)までに読んで、「自動詞と他動詞の知識」を覚えて下さい。


 では今回はこんなケースを考えましょう。
<受動態で困る編>


【問題】
次の意味の英語を作る場合、正しいかどうか判定しなさい。
(1)「恵美は殺された」⇒・Emi was killed.
(2)「恵美は待たされた」⇒・Emi was waited.


【正解】
 (1)・Emi was killed.…正しい
 (2)・Emi was waited.…間違い


【解説】
理由は kill が「動詞」、wait が「動詞」だから間違いである。以上


 …と言われて、あなたはすぐに「そうかーなるほどー」と納得するだろうか? 私は0.5秒で納得する。それは「自動詞と他動詞」がどういうものかをしっかり理解しているからである。しかし、もし「自動詞と他動詞」がどういうものかをしっかり理解していなければ、即時の納得は難しいと思う


 長い説明になるので、今回は(1)・Emi was killed. がなぜ正しい英文になるのか…だけ説明する。(2)・Emi was waited.がなぜ間違った英文になるのか、の説明は次回に持ち越す。


まずこの英文は「受動態」である。そもそも受動態が分からないと困るので受動態を軽く説明する。受動態は中3でやるのに苦手な人が多い。


まず受動態ではない「よくあるタイプの英語(能動態という)」を書く。例えば


ケンは恵美を殺した」という意味の英文を考えよう。


・Ken killed Emi.


となる。これは正しい英文である。
この英文はケンが主人公である。「ケンが行った行動」を示している英文だ。「ケン」が主人公で、「ケン」が「恵美」を殺したのである。


・Ken killed Emi.だと(ケンは恵美を殺した)で、ケンが主人公だが、そうではなく、恵美を主人公にしたい。つまり「恵美は殺された」…という意味の英文を作りたい。その場合どうすればよいか?


 そのためにはまず Emi を文頭に持ってこなければならない。


 Emi


 問題は次。英語を良く知らない人はたまに↓こんなふうに書く。


 Emi killed.


 ↑これで「恵美は殺された」という意味を作った豪語する人がいる。とんでもない。これは大間違いである
 Emi killed.…はそもそも英文として誤文だ。それでも無理やり意味を作ると、この意味は
  ⇒「恵美は~を殺した」
 である。↑この英文ならば、少なくとも恵美は殺されていない。ピンピンして生きている。「恵美は何か(誰か)を殺したほう」になってしまうのだ。


 なぜか?


 kill の意味は何だろうか? 「~を殺す」である。「殺される」ではない。「~を殺す」である。
 したがって


Emi killed.
  は
 恵美は ~を殺した
  ⇒「恵美は~を殺した」という意味になる。(今回の killed は過去形。なので意味は「~を殺す」ではなく「~を殺した」になっている) 恵美は殺されたのではなく、殺したほうになる。恵美は死んでいない。ピンピン生きているのである。


だから
・Ken killed Emi.
  は
 ケンは ~を殺した 恵美
  ⇒「ケンは恵美を殺した」という意味になる。(今回の killed は過去形。なので意味は「~を殺す」ではなく「~を殺した」になっている)


 今回作らなければならない英文の意味は「恵美は殺された」である。Emi は「殺され」なければならない。それをどう表現するか? その時に登場するのが「受動態」である。


受動態とは be+過去分詞で「~される・~られる」という意味を作る


したがって、


 Emi was killed.
   be過去分詞


という具合に使って、ようやく「殺される」を表現できる。これが「受動態の英文」である。なお、本文では be は「is」ではなく「was」という過去形なので、「殺され」ではなく「殺され」という過去の意味になる。


 以上が軽い受動態の説明であった。ここまでご理解いただけたであろうか?


 金曜日はいつもの文法放送。この続きは来週の月曜日です。

(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments