HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 雑談 > 雑談:おそ松さん


苦手なりの受験英語

 

2016年2月 1日

雑談:おそ松さん

シリーズとシリーズの間は雑談です。今回はオタネタ。


 今オタの世界でヒットしてるのは「おそ松さん」というアニメです。主に女性に受けてます。私は最初「女性でも高校生ぐらいの若い人にはウケてないだろう」と思ってました。しかしさにあらず、女子高生のオタにもウケているようです。


 元々は「おそ松くん」という今から50年ぐらい前のマンガです。小学生向けのギャグマンガ。同じ顔をした6ツ子の少年たちが主人公でした。天才バカボンを生み出した赤塚不二夫のヒットマンガです。「シェー」というギャグで有名な「イヤミ」が出てくるマンガとしても知られています。この6ツ子たちが大人になった、という設定で新たに作りなおされました。大人になっても6ツ子は精神年齢が子供なまま。働きもせず、全員ニートという設定です。


 もうシッチャカメッチャカな話です。人間が巨大化、分裂化するのは当たり前。男性が女性化したり、猫が喋れるようになったり、火炙りになったり、誘拐されたり、100人以上殺される殺人事件があったり、面接会場でいきなり野球を始めたり、、、、、などとわけがわからないと思いますが、、、そういう話です^^。


 第1話はパロディーのオンパレード。やり過ぎてしまい、各方面に怒られたらしい。その結果、このオリジナルの第1話はDVDに収録されない事になったようです。その他にも怒られたエピソードが有り、それも改変されてDVDには収録されるようです。


 原作の「おそ松くん」は6ツ子にほとんど差はありませんでした。しかしおそ松さんは違います。6つ子にそれぞれ性格を与えています。それぞれ奇行の持ち主。中でも五男の「十四松」はその最先端。目の焦点が合ってない・口が常に半開きな顔で、常にハイテンションでかなりひどい奇行のもち主。


十四松の奇行集
・ドブ川でバタフライで泳ぐ
・手が触手のように自在のひらひら曲がる
・寝ながら突然顔が猫化する
・野球が大好きで人の家の部屋で素振りを始める
・就職の面接で面接官の顔に自分お尻に近づける。
・その面接室で野球を始める
・顔の耳や鼻から噴水の様に水を撒き散らす(口を開けながら)
・体がミクロに分裂し、兄弟の体内に入り込む。
などなどです。


 こう書くと如何におかしな話であるかが分かるのではないかと思いますが、いかがでしょう? ちなみにこの6ツ子の中で、女子に最も人気があるのは圧倒的に「十四松」であることも特出すべきことでしょう。(おそ松さんを知らない人には信じられないかもしれませんねー)


 今現在まだアニメは放映中です。なので機会があったらぜひ御覧くださいな。面白く思ってくださったら幸いです。


======


金曜日は文法放送。来週から新しいシリーズを初めます。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments