HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 世の中にはびこる逆効果の方法


苦手なりの受験英語!

 

2005年7月25日

「英語嫌いな人を英語好きにさせようとする世の中にある試みはおかしいとしか思えない」(1)

今週から来週にかけて、世の中にある「英語嫌い人間英語好きにさせる方法を分類し、そのほとんどは英語大嫌い人間には全く効果が無い、それどころか返って英語嫌いを助長させる、というお話をします。


第1回「根本からおかしい意見

代表的な意見
英語を好きになりましょう♪


この意見こそ、私が聞いた中で「最も多い意見」でした。
しかしこれこそ「英語大嫌い人間にとって、最も役に立たず、最も整合性に欠け、最も腹立たしい意見」だと私は思います。


「どこがおかしいの?」と思う方がいらっしゃいますか?
いらっしゃるかもしれませんね~

続きは水曜日に書きます。お楽しみに!

<<続きはこちら>>

2005年7月27日

「英語嫌いな人を英語好きにさせようとする世の中にある試みはおかしいとしか思えない」(2)

<前回のお話>
概略:「英語を好きになりましょう♪」という意見は根本的におかしな意見である。
なぜか?


はい。ではお返事です。英語好きの皆様不快になっていただきましょう。
Ψ(`∀´)Ψ




「数学を好きになりましょう♪」


どうです?この意見を聞いて
「そうか!そうだね!数学を好きになればいいんだ~そのとおりだ!うんうん!(^^)」
と思った人は手を上げてください。


数学を好きになりましょう♪」と言われてなれますか?数学嫌いな人(たぶんあなた)は、素直に「うん!好きになる!(^^)」と決心しますか?


にもかかわらず、英語好きの方からにもらった意見の中で最も多かったものは「英語を好きになりましょう♪」というものです。みなさん簡単に言ってくれます。めっさ不快でたまりませんよ!
ものすごく不思議です。なんでこう言うの?


ちなみにこういう例え話も考えました。

More...

2005年7月29日

「英語嫌いな人を英語好きにさせようとする世の中にある試みはおかしいとしか思えない」(3)

「根本からおかしい意見(その2)」

英語って簡単。ちょっとやればできるはず。やってないからできない
この意見もよく耳にしますなあ。
「やってないからできない」という部分はそうだとは思いますよ。やらなきゃできませんからな。なんでも。
そこはおかしくはないと思います。(アタマにはきますが)

問題前半

・「英語って簡単
  
・「だからちょっとやれば少なくとも平均ぐらいまではできるはず
  
・「なぜそのちょっともやらないのかね?

この「3段活用」を言われることで
特に英語の先生に言われることで)
英語嫌い人間は、絶望の淵に追いやられます。

「悪の大魔王」の台詞にさえ聞こえる、極悪非道の意見です。

そう思いますよね~
え?分からない?ここまで読んでくださっている方なら類推がつくと思います。
Ψ(`∀´)Ψ

分からない方は↓を押すと分かります。(`v´)

More...

2005年7月31日

「英語嫌いな人を英語好きにさせようとする世の中にある試みはおかしいとしか思えない」(4)

楽しげなものを教材にしようという意見

これもよく聞きますね~というか、この意見が叫ばれて久しいです。
20年ぐらいから前の学校の教科書と今を見比べてください。
どんどん「楽しげなもの」になっていると思います。

でも効果があったでしょうか?
お陰で嫌いだった英語が好きになれた!と言っている人がいますか?


テキストの内容が楽しげだったから
「このテキストで大嫌いな英語が好きになれた~~~」
と主張している人がいますか? 1人でも?


いたら教えて欲しいです。
だから「これはほとんど効果がない」と思っています。


でも、私はこういう研究家ですからな。
「非常に近い人」はネットで発見しました。1人だけですが

「英語は大嫌いだったけど、ハリポタが気になって原作を訳してみようという気になった。頑張った。そしたら得意になれた。」

こういう人はいるでしょう。
でもこれは私が主張している、「楽しげな教材は意味がない」とは似て非なるものです。



つまりですな…


いや続きは火曜にしましょうか。Ψ(`∀´)Ψ
お楽しみに!

<<続きはこちら>>

2005年8月 2日

「英語嫌いな人を英語好きにさせようとする世の中にある試みはおかしいとしか思えない」(5)

<<前回の話題>>

「英語は大嫌いだったけど、ハリポタが気になって原作を訳してみようという気になった。頑張った。そしたら得意になれた。」
こういう人はいるでしょう。でもこれは私が主張している
楽しげな教材は意味がない」とは似て非なるものです。



つまりですな…


英語が得意な人
これなら英語が好きになるであろうと思う内容の教材
・やってみて
・好きになった…
 というわけではない!


自分でたまたま、何かに触れて
・それが気にって、
・頑張った結果得意なって
 好きになった!

という構造です。

要するに、得意な人が「これなら好きになるだろうと思って」与えられた教材ではない。自分が偶然見つけたものです。


ちなみに俺の手元に昔の大事な友達からもらった「ハリポタ」の第1巻がありまして、もらった当時読んでみました…
ええ、どうなったかと言うと…

(↓続く)

More...

2005年8月 6日

「英語嫌いな人を英語好きにさせようとする世の中にある試みはおかしいとしか思えない」(6)

「英語嫌いな人を英語好きにさせようとする世の中にある試みはおかしいとしか思えない」
今日はこのシリーズの「総括」です。

・「英語を好きになりましょう」という意見はおかしい
 ⇒「数学を好きになりましょう」と言われて数学好きになれるわけはない。
  (1) (2) を参照。
・「ちょっとやればできる」というのは大嘘
 ⇒そう言う本人はちょっとどころか物凄くやっている
 ⇒もしちょっとやればできるのなら、日本国中英会話で充満しているはずである。
 ⇒つまりちょっとやったどころでできないのは明らか。
  (3) を参照。
・「楽しげなものを教材にする」という意見もおかしい
 ⇒そもそも得意な人は楽しげな教材の所為で得意になっていない。
  (4) (5) を参照。

実はですねこれらの意見はみんな共通点があるんですよ。
分かりますか?

これらは…
英語嫌いな人を英語好きにさせようとする試み
ではないんです! \(`0´ )/=3 

英語が好きな人がもっと好きになる試み
なんです。

More...

2005年8月 8日

「英語嫌いな人を英語好きにさせようとする世の中にある試みはおかしいとしか思えない」(7)

さて、翻って考えて欲しいことがあります。
実はですね
ここのラストを見てもらいたいのです。


「数学の問題は解けないけれど、数学って楽しい~大好き♪」という人はいるだろうか?
じゃあ
「英語って読めないし、意味が分からないけど、英語って楽しい~大好き♪」という人はいるでしょうか?


これがこのシリーズのテーマだったのです。

つまり、<世の中にはある英語を好きにする意見>
・「英語を好きになりましょう」
・「ちょっとやればできる」
・「楽しげなものを教材にする」

これが通用するのは「英語がある程度読める」のが前提なんです。

単語も分からない。わかっても文全体の意味が分からない。特に長い文だとチンプンカンプン。
これで好きになれる人がいるほうがおかしいと思いませんか?

つまり「わかる」が前提にないと好きにはなれっこないと思うのです。

実は苦手な人は「分からない」から苦手のまま、得意になれず、したがって好きになることは難しいのだと思います。


次からは「分かる」ってなんだ?というシリーズをお届けします。
お楽しみに。

水曜更新予定です。

シリーズ「英語が苦手な人の分かる分からないについて」の
第1回はこちら


(↓目次はこちら)
目次ページへ