HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英語好き嫌いの法則


苦手なりの受験英語!

 

2006年9月 3日

英語好きな人と英語嫌いな人の法則(1)

さて今日からこのシリーズです。私が発見した法則の数々を紹介しましょう。


まず確認したいことが1つあります。英語嫌いには「2種類」ある…ということです。


私がこれから発表する「英語嫌いな人」とは「Bタイプ」の人である。
ということです。Aタイプの人ではないので、そこをどうかご理解いただきたく思います。


さて、第1回目はこれから行きましょうか。私が英語好きな方に最も言いたいことかもしれません。

法則(1):(該当度90%)
英語好きな人英会話が大好き!(出来るだけネイティブの人と話したい・コミュニケーションをとりたい)
のに対し
英語嫌いな人英会話が大嫌い!(ネイティブの人となど死んでも話したくない・コミュニケーションをとりたくない)


世の中に数多く英会話学校がありますね。行きたい人が大勢いる証拠でしょう。ですが、英語嫌い人間にはそれがどうにも理解できません
英語の会話が聞こえてくるだけで不快なんでです。よろしいですか? 【不快】なんですよ。 「なんとも思わない」ではなく【不快】ということが分かりますでしょうか? 英会話を「苦しく」感じるのです。まるで首を絞められているようなものです。


逆に好きな人はどうでしょう? 少しでも話せれば楽しさを感じるのではないでしょうか? もちろん私には理解できません。「英会話って楽しい~♪」などと言われると酸素欠乏症になります。


にもかかわらず、英語好きなはずの英語の先生は「さあ英会話を楽しもう。英会話って楽しいよね」などと言ってくれます。
こうして英語人間はますます嫌いになっていくわけです。そしてこの地獄の苦しみ英語好きな人は「そんなはずはない。英語を勉強したがらない言い訳に過ぎない」と考えてしまうので、決して分かってくれはしないのです。(1人でも理解してくださる方がいらっしゃったらご一報下さい。)


この調子でガンガン行きます!! 次回の更新は火曜日です。

2006年9月 5日

英語好きな人と英語嫌いな人の法則(2)

法則(2)(該当度90%)
英語好きはネイティブの発音を、快感に感じる
一方で
英語嫌いはネイティブの発音を、不快に感じる


これまた確認なんですが、嫌いな人にとっては「気にならない」ではなく「不快」なんです。


英語好きな人は「英語らしい美しい発音」を習得したい、と考える一方、英語嫌いな人は「英語らしい耳障りな発音」など習得なんかしたくない、と考えます。あ、ちょっと違いますね。英語嫌いな人は「英語らしい発音」を耳障りと感じるので、最初から耳に入らない、記憶に残らない、残したくない、私にそんな雑音を聞かせるな! と感じます。


どうです。そこの得意な方。信じてもらえますか? 私には信じてもらえない自信があります
英語の先生にどんなに訴えても「ウソツケ! 英語の勉強したくない言い訳を言うな!」とつっぱなられました

私にはこんな過去こんな過去があります。だから不快の極みなんです。


次回は木曜日の更新です。

2006年9月 7日

英語好きな人と英語嫌いな人の法則(3)

法則(3)(該当度80%かな?)
「英語好き」は歴史が嫌い・苦手
一方で
歴史好き・得意な人は「英語が嫌い」


これは2ヶ月前に私が「大発見した」と自負していることです。
というかここを見ている皆さんにも確認していただきたく思っていることです。


英語が好きな方に歴史の話題をふったところ、みんな不快そうな顔をしたのです。「歴史のことなど考えたくもない」という顔でした。
歴史好きの人に英語の話をしたところみんな不快そうな顔をしたのです。「英語のことなど考えたくもない」という顔でした。


私? 歴史大好きです。歴史が面白くて仕方がない!
私は、マンガオタク、ゲームオタク、アニメオタクですが、歴史オタクでもあります。
英語よりよっぽど歴史のほうが得意ですよ!
過去をおもんぱかるのが楽しくて仕方がない。歴史の知識が増えるのが快感!
でも、英語好きな方は歴史を不快と感じてしまうのではないかと思っているのです。


どうですか? ホント、これ、自分の中で自信があるのですが。
コメントをいただけると嬉しいです。この法則が確認されると、英語嫌いな人にもっと別のアプローチやフォローができるのではないかと思っているからです。


次の更新は明日の金曜日。いつもの英文法授業です。
この話題の続きは土曜日です。

2006年9月 9日

英語好きな人と英語嫌いな人の法則(4)

法則(4)(該当度90%)
英語が好きな人は「ミスの少ない、活発な人、要領が良い」
なのに対し
英語が嫌いな人は「おっちょこちょい、おひとよし、要領が悪い」


どうですかねえ?これ。
どうも基準が自分なんで客観的でないかもしれませんが、当たっているような気がするんです。
私は誤字脱字の神様だし、人がいいし、要領が最悪に悪いです。


どうです? そこの英語嫌いを自負する方? 自分は【おっちょこちょいではない】という自信がある方いますか?


もしかしたら語学と要領は関係があるのかもしれません。


続きは月曜日です。

2006年9月11日

英語好きな人と英語嫌いな人の法則(5)

法則(5)該当度(80%)
英語好きは「英文法が嫌い:不快」
英語嫌いは「英文法に不快感がない」


これはもう私の基本意見ですね。このブログ全体が「この意見で充満している」と言って良いでしょう。


英文法の話を英語好きの人にすると大概の人は逃げ出します
そして、そういう方々は「(影で)文法なんて知らなくていいのにねえ~」と不快感をもらし合うはずです。


面白いのは、これに当てはまらない英語好きな人も少数ながら確実にいることです。つまり英文法好きの英語好きも(少数ながら)いるということです。


英文法好きの英語好きな人はほとんどの場合、壁に当たっています。あるとき英文が突然訳せなくなった。うわ~困った。。。。という時点で文法の知識を習ったところ、その壁が解消した、という経験を持つ方だと思います。ちなみにこういう方の多くは「分詞」でつまづきます。
もちろんつまづかない英語好きな方も沢山います。こういう方は「文法の知識など要らない」と私は思っているんですよ。ほとんどの英語好きな方はこれに該当すると思っています。


逆に私みたいな「壁ばかりぶつかっている英語能力0人間」には文法が必要だ……というのが私の意見なのです。英語好きな方には分からないでしょうが、私みたいな英語アンポンタンは「英文法に不快感がない」のです。だからやりやすいと思うのです。もっとも文法の勉強時間はどうしたってかかるのですが。。。。


次回は水曜日に更新です。

2006年9月13日

英語好きな人と英語嫌いな人の法則(6)

法則(6)該当度(85%)
英語好きは海外旅行にあこがれる
のに対し
英語嫌いは海外旅行などしたくない


英語嫌いが海外旅行に行くとしたらせいぜい韓国や台湾などのアジア圏。アメリカやヨーロッパは蚊帳の外です。
英語好きな方に言うのですが、「英語嫌い人間」は「アメリカやイギリスに行ってもいい」ではなく、「行きたくない」「行ってたまるか」「俺に死ねと言うのか?」という気持ちなのです。(少なくとも私は)


英語嫌い人間が最も想像しにくいことがあります。それは「アメリカやイギリスに【留学】にいく人の気持ち」です。
なんで金を払って不快な声が聞こえる土地に居座る人があんなに大勢いるのか?英語嫌い人間には永遠に謎なのです。 
(英語嫌いが不快に感じるのは、英語の音声が不快であることに多分に関係していると思います。)


次回は金曜日。通常ですと文法授業なのですが、15日は授業は都合によりお休みします。レギュラーの話の続きをします。お楽しみに。

2006年9月15日

英語好きな人と英語嫌いな人の法則(7)

※今週は都合により文法授業はお休みです


法則(7)該当度85%
英語好きは3択問題をカンで解いても良く当たる

のに対し
英語好きは2択問題をカンで解いても良く外れる


英語嫌い人間が英語の3択問題を解く過程は↓こうです。
「う~ん、AかBかどちらかが正解なのはわかるんだ……。う~んどっちだ?? どっちだ?? う~ん、う~ん……」


…と散々悩みます。
「わからん! なんとなくA!」
とAを選んだとします。
こういう場合の正答は「C」です。


このように英語嫌い人間は本当によく選択問題を間違えます。仮に英語の2択問題を10個「カンで解け」と言われたら、全部外れる自信が私にはあります。
カンで解くとほとんど必ず間違えるのです。


続きは日曜日です。

2006年9月17日

英語好きな人と英語嫌いな人の法則(8)

法則(8)該当度90%

テレビのチャンネルをガチャガチャ変えて、「英会話番組」が映ったとき
英語好きそこでチャンネルを合わせる。すぐさま「ヒアリングの勉強モード」に切り替わる。番組が終わるまで食い入るように英語を耳をダンボにしながら聞く。紹介されている表現を覚えようとする。少しでも英会話を学ぼうと躍起になる。
のに対し
英語嫌いは、「ぐああ~~」と(少なくとも心の中では)叫び、慌てて別のチャンネルに切り替える。何か残虐シーンを見たような恐怖心を抱く。その直後から少なくとも3分ぐらいは不快感が残って消えずに苦しむ


今回は説明不要ですかねえ。まあお互いの感覚が納得できない事象でしょうなあ~。
あ、関連ログはこちら。こういう感覚があるんですよ。


次回は火曜日に更新です。(まとめ<このシリーズの最終話>になるかな?)

2006年9月19日

英語好きな人と英語嫌いな人の法則(9)

さて、今回で法則は終わりです。今日はまとめですね。


書いてみて思ったのですが、全部「感覚の差」のような気がするのです。そしてそれは個人差がある。「自分が好きだ、素敵だ」、と思うものが別の人には「嫌いだ、不快だ」と思うことをなかなか想像してもらえないのではないかと思うのです。


たぶんですが、こうした私の「分析」も、英語好きな人は嫌いだと思います。何を理屈こねているんだ! といぶかしがると思います。


はい。お分かりですね。これが最後の法則です。


英語好きな方は、こういう分析が嫌い。不快。見たくない、読みたくない。
該当度はう~ん80%ぐらいかな?


少なくとも英語嫌いな方のほうが、今回の話は興味を持つ人が多いと思います。
もっとも今回「楽しんでくださった英語好きな方」もいるようです。大変感謝しております。どうなんでしょうか? 今回のシリーズは英語好きな人にも楽しめたのでしょうか? だとしたら嬉しいのですが。


あ、せっかくなのでこちらもどうぞ。私のサイトの似たような話題のページです。今から7年前に作ったページです


以上でした。
次回は木曜日。雑談をします。
新シリーズ「過去問の使い方」をご覧になりたい方はこちらです。
それではまた~♪


(↓目次はこちら)
目次ページへ