HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 夏休みの勉強法と塾・予備校


苦手なりの受験英語!

 

2009年7月 2日

夏休みの勉強法と塾・予備校(1)

夏休みの勉強法と塾・予備校

今回から「夏休みの勉強法塾・予備校」というシリーズに行きます。
なおこの話題の対象は「大学受験生」のみです。よろしいでしょうか?


英語が苦手な人でも、「ようやく激烈に重い腰を上げるようとする」のが夏休み前です。「みんなやってるしなあ、まあしょうがないからなんかやるか」ぐらいに思うのではないでしょうか。あるいは既に少しぐらいやっているのに、思ったようには成績が伸びない、という状況なのではないでしょうか?今回はそういう人へのメッセージです。というか毎回そうなのですが、このブログは「苦手な人」向けです。得意な人が見たって「全く役に立ちません」。


1回目の今日は「得意な人(偏差値60以上)今どういう状況なのか」を軽く紹介しますね。それを踏まえて、「あなた(苦手な人)はどういう戦略で考えればよいか?」を自分なりに「見つけ出して欲しい」と思います。はっきり言いますが「現実は厳しい」です。甘くはないのですよ。。。。


得意な人(偏差値60以上)の「現在の状況」
・やさしい英文ならすらすら読める。設問も簡単なら、少なくとも7割くらいは解ける
難しい英文で困ることが少しある(もちろんとび抜けて得意な人は全く困らない)
・受験英単語(1200~2000語程度)や英熟語(600~1500程度)と呼ばれているものは、少なくとも1度は覚えている状態になっている。(もちろん完璧に覚えている自信のある人もいる)
文法に難がある人は多い(無論、難などない人もいる)
・テキスト・模試などの課題文の英文を誤訳することは少ない。よって、いかに難しい英文を速く読むか、が命題になっている。
・できるだけ多くの英文を読みたいと考えている。


では偏差値40台の人はどうでしょうか?


苦手な人(偏差値40台)の「現在の状況」
やさしい英文でも上手く読めない。設問が簡単でも、7割以上は間違えるのがざら
・難しい英文とやさしい英文の差が分からない(もちろんとび抜けて苦手な人は全く英文を見ない
・受験英単語(1200~2000語程度)や英熟語(600~1500程度)と呼ばれているものは、1度も覚えきっていない。覚えられなくて困っている状態。(もちろん全く手をつけていない人もいる)
・文法に難がある人は多い(文法だけに限らない
・テキスト・模試などの課題文の英文を正しく意味が取れることは少ない。よって、いかに仮にやさしい英文でも上手く正しく読むか、が命題のはず。しかし「その自覚がない人が多い」。
・できるだけ多くの英文を読みたくないと考えている。


という具合に概ね「真逆」になります。


苦手な皆様、どう考えたらよいと思いますか? 得意な人の真似をして同じ結果になると思いますか? 苦手な人は苦手なりの別のアプローチを考えるべきではないでしょうか? 得意な人は全く違う勉強をして欲しいと私は考えています。それについてご一緒に考えて行きましょう。


続きは月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

2009年7月 6日

夏休みの勉強法と塾・予備校(2)

夏休みの勉強法と塾・予備校

夏休みの勉強法塾・予備校」というシリーズです。この話題の対象は「大学受験生」のみです。そして「英語が嫌いで苦手な人」のみです。


苦手な人の多くは現在、「とにかく何をどう勉強して良いか分からない」という状況になっていると思います。
そして、多くは基本的に「塾に行けば、なんとかなるだろう or なんとかしなきゃ)」とお考えではないでしょうか?


苦手な人は夏休みに入ると、概ね次の2つのパターンに分かれます。


Aタイプ)とにかく授業を受ければ良いんだろう型
Bタイプ)少なくとも最初は頑張る型


(Aタイプ)これは「塾に行けば、なんとかなるだろうなんとかしなきゃ」と思っている人がなるタイプです。ただでさえ「英語の勉強なんか微塵もやりたくない」のです。だから塾に行くだけで精一杯。予習なんかするわけがない。授業を聞き流して「勉強したつもり」になっているタイプです。このタイプは「高校受験はこれで何とか乗り切った」なんて経験があるのではないでしょうか。この成功体験を根拠に「これで大丈夫なはずだ」と思い込んでしまいます。しかし、大学受験のハードルは高校受験と違い、飛びぬけて高いのです。「毎年浪人が山ほど出るほど高い」のです。この現実忘れるか無視しながら、「自分に都合よく考える」のがこの(Aタイプ)の特徴です。このタイプが成功した例を私は1例も知りません。それでも現実を無視し「大丈夫だ」と思い込んでしまうのが(Aタイプ)なんですけれどもね…。


Bタイプ)これは「塾に行ってなんとかしなきゃ>行けばなんとかなるだろう」と思っている人がなるタイプです。ただでさえ「英語の勉強なんか微塵もやりたくない」のですが、このままだと明らかにジリ貧だということが分かっています。大学受験のハードルは高校受験と違い、飛びぬけて高いことを分かっているのかもしれません。だから「何とかしよう」と頑張ろうとします。成功するとすればこの(Bタイプ)でしょう。ですが(Bタイプ)でも成功例が少ないのが「現実」です。


現実は甘くありません。「得意な人」は通常夏休みでも「あなた以上のペースで勉強」します。得意な人はあなたのはるか先の場所におり、あなた以上のペースで走っています。それにあなたが追いつき追い越さなければなりません。そのためにはあなたは得意な人以上の速いペースで学習しなければなりません。そうではありませんか? 


では追いつくためにはどうしたらよいか? 基本戦略は「効率よく上手く走る」ことです。ただし「得意な人だって効率よく上手く走っている」のです。この現実を忘れてはいけません。だからどうにか「彼らよりもっと効率よく走る」…これが基本戦略です。


しかし、得意な彼らより効率よく速く走ると、当然「彼らよりつらく苦しい」のが普通です。マラソンでたとえましょう。「最初はまだ元気よく走っていても、だんだん疲れてペースダウンしますよね。先頭からかけ離れてしまえばリタイヤする人もいる」。つまり「最初の意気込みだけはどれほどあっても、それを持続させることは大変難しい」のです。


瞬間的な意志なら誰でも持つことができる持続させることが大事。「意志が持続しない。」まずはここ!


テーマが見えてきましたね。


英語が苦手な人がまず考えることは、「勉強の効率」ではない。それも考えるが、それより大事なのは、「いかに困難な勉強をし続ける意志を上手く持続させるか」である。ほとんど場合息が切れて「予定通り」には行かない。ほとんどの場合、確実にペースダウンする。


いかに困難な勉強をし続ける意志を上手く持続させるか」…こちらを「勉強効率」よりも先に考えるべきだと私は思います。ここを見ている英語が苦手な受験生さん、まずは「いかに困難な勉強をし続ける意志を上手く持続させるか」を自分なりに考えられてはと思います。


マラソンで完走するためには「ペースを保ちならが、ずっと走り続ける意志が必要」なのです。


続きは木曜日です。次回は「苦手な人の夏休みは大体こうなりがち」というお話をします。お楽しみに。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

2009年7月 9日

夏休みの勉強法と塾・予備校(3)

夏休みの勉強法と塾・予備校

夏休みの勉強法塾・予備校」というシリーズです。この話題の対象は「大学受験生」のみです。そして「英語が嫌いで苦手な人」のみです。


今回の話は「苦手な人の夏休みは大体こうなりがち」というお話をします。
これも前回の(Aタイプ)(Bタイプ)で、少し傾向が異なります。
Aタイプ)とにかく授業を受ければ良いんだろう型
Bタイプ)少なくとも最初は頑張る型
という型です。ご確認ください。


どちらのタイプも、予備校や塾などの「夏期講習」を受けるはずです。
Aタイプ)は、下手をすると自分ではなく、親がコースを選ぶ可能性があります。その場合はややきつめのコースです。自分で選んだ場合、とても楽そうなコースを選ぶ傾向があります。
Bタイプ)は、絶対に自分で選びます。楽そうなコースを選ばず、自分の足りない部分を補填するようなコースを選ぶはずです。


Aタイプ)は、授業を聞き流すだけです。予習をしないし、授業を眺めるか、笑い話だけ聞くか、そんなところです。同様のタイプの友達ができてお互いに「現状を憂い」ます。お互いで「これで大丈夫だようなあ」と言い合います。これで大丈夫だった例なんて1つもないのですが。なぜか彼らは「大丈夫だ」と言い合います。これで大丈夫なら幼稚園生でも大学に行けそうなものです。ですがなぜか現状を無視します。

Bタイプ)は、がんばります。がんばって付いていこうとします。合格の勝算があるとすれば当然こちらです。夏休み前に色々予定を立てます。夏期講習をどう取ってどう学習するか、を夏休み前に自分で計画を立てます。ここを見ている英語が苦手な受験生の多くはこのタイプだと思います。


本来ならここで、何をどう取って、という話をしたいところです。しかし今回ではまだその話はしません。その前に大事なことがあるからです。それは


たとえどのくらい完璧に予定を立てたとしても、計画通りを100%終わらせるのは至難の業である。ほとんどの場合、100%の計画通りに行かない。良くて80%ぐらいである


↑こういう結果が夏休み後に待っています。理由は以下の通り。
(1)思ったより予習が大変である。
(2)だんだん(想像以上に)難しくなる。
(3)その結果、最初に思った「夏はがんばるぞ!」という意気込みを、最後まで続かせることがなかなか難しい


夏期講習の授業は、たとえ最初はやさしくてもどんどん難しくなります。いや大概の場合、最初から難しいです。難しいのに日を追うごとに徐々に難しくなります。この結果、想像以上に気力が奪われます。前回少し書きましたがこれは「マラソン」と似ています。スタート時よりも後のほうが辛く苦しく、スピードが鈍るはずです。夏期講習は「マラソン」以上に過酷です。後になればなるほど問題も難しいのに、さらにスピードを要求されます。長距離走なのに、後のほうが傾斜がきつい上り坂、しかも傾斜がきついほど、「速く走れ!」とスピードを要求されるのです。これでは普通スピードが鈍らないほうがおかしいです。
 だから、最初の意気込みがなかなか続かないわけです。その結果、計画の予定が狂うのが普通です。


だから「なんとかできるだけ計画通りにこなす方法」これが先! 何をどう学ぶか、よりも優先して考える必要があります。そうは思いませんか?


「なんとかできるだけ計画通りにこなす方法」は人に教わってできることではありません。自分で見つけなければなりません。
 ここでは1つの例を挙げます。


(1)イメージする…夏休みの後半(8月の終わり)をまずイメージします。今よりはるかにキツイのだと。今のノルマ3倍の量をこなしているはずだ、とイメージします。今1日、1長文を読んでいるとしたら3つの長文を読まなければならないんだ、相当時間がかかるんだ、と思い込みます。


(2)中間地点で計画変更できるように準備する。…8月のお盆くらいで一端計画の見直しを図ります。この時点まで、何がどうできたか、これからどうするかを見直します。この時点で最優先課題を自分で見直します。残り半月での最優先課題は何か? この時点で8月までにその最優先課題をこなすことを考えます。


こんな感じにしてみるのはいかがでしょうか? そのために「まずは中間地点(お盆の頃)までの目標を最初に立ててみる」と良いと思います。こうすると、お盆以後の計画の見直しがスムースに行くと思います。


次回は「何を優先的に考えるべきか」を取り上げます。
明日はいつもの文法放送。この続きは来週の月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

2009年7月13日

夏休みの勉強法と塾・予備校(4)

夏休みの勉強法と塾・予備校

夏休みの勉強法塾・予備校」というシリーズの続きです。
なおこの話題の対象は「大学受験生」のみです。よろしいでしょうか?


今回の議題は「何を優先的に考えるべきか」です。夏休みで何とか英語の実力をを色々構築・挽回したいと考えていらっしゃる苦手な人は、夏期講習のシフトを色々考えていると思います。中には夏期講習の予定表を見て「あれも取りたい、これも取りたい」と色々取ろうと画策している人も多いと思います。ここで1つ注意して欲しいことがあります。それは、予備校側は「夏期講習」を1つの「カキイレ時」と考えていることです。「魅力的なタイトルの講座」をたくさん用意しているはずです。「がんばって挽回したい人」ほど、たくさんの講座を取りたくなるように、夏期講習は作られます


選び方については、ごめんなさい。木曜日に回します。ここでは最優先で考えることだけを書きます。


英語が苦手な人が、夏休み期間中に、ある程度以上の力をつけて欲しい要素があります。
それは……単語と熟語です! これをぜひきちんと覚えて欲しいのです。


夏期講習の予定表を見ると「魅力的な講座」がたくさんあるのですが、ちょっと待ってください。実は「講座」というのは、取れば自動的にやるものです(やらないで聞くだけのアホは除いて考えます)。「講座を受ける」のは確かに大事な要素ではあるのですが、「単語熟語講座」なんてものは普通ないはずです。魅力的な講座名に心を奪われると、「単語熟語記憶」がおろそかになりがちなのです。「夏休みの計画」としてぜひとも


「単語熟語記憶」


を最も大事なものとして位置づけて欲しいのです。英語が苦手な人は、得意な人より、はるかに単語や熟語を覚えるのが苦手なはずです。英語の表面的なテクニック(文法もある意味含まれる)をうまく覚えたい、という意識は働くのですが、「単語熟語記憶をがんばってこなそう!」という意識は希薄なはずです。どうですかそこの英語が苦手な皆さん?


9月になったら、模試もグレードアップします。8月が終わる前に覚えた単語や熟語の量が少なければ、「やっぱり読めない~~~」となることは確実です。ですが、夏休みは「講座優先」となりやすく、「単語熟語が軽視されやすい」のです。


英語が苦手な皆さん! ぜひとも、できるだけ多くの「単語や熟語」を「記憶」してください!
覚える数(ノルマ)を自分なりに設定してください。 できれば8月15日までに、夏休み期間中で覚える単語(ノルマ)の3分の2を覚えるように、計画を立ててください! 


覚え方はここなどを参考にしてくださいね。


次回は、講座の取り方について考えます。次回は木曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

2009年7月16日

夏休みの勉強法と塾・予備校(5)

夏休みの勉強法と塾・予備校


夏休みの勉強法塾・予備校」というシリーズです。この話題の対象は「大学受験生」のみです。よろしいでしょうか?


今日は講座の取り方です。


普通の予備校の場合、次のような講座が概ね「1シーリズ、5~6日分の連続授業」で用意されていると思います。
(1)ハイレベル総合コース(6~12日)
(2)ミドルレベル総合コース(6~12日)
(3)基礎総合コース(6~12日)
(4)基礎文法単科(5~6日)
(5)センター対策基本コース(5~6日)
(6)ヒアリング対策単科(5~6日)
(7)語法対策単科(5~6日)
(8)長文対策単科(5~6日)
(9)○○大学対策専門単科(5~6日)


まず、1つ言いたいことがあります。
それは(1)~(3)の総合コースは、実はそんなに悪くない講座である、ということです。英語以外の教科も含まれていることが多く、実は原則これだけで終わりにして欲しいくらいです。


しかし(4)~(9)を色々取りたくなるではありませんか! どうですか? 魅力的な名前ですよね。しかし、例えば、(9)○○大学専門単科を取ったところで、○○大学に受かるわけはありません。つまり、高々5日や6日の講座を受けてもタカが知れているのです。それほどの効能はないのです。


だから
・総合コース1つだけ
・総合コース1つ
せいぜい単科1つ
もしくは
・単科2つか3つ
ぐらいが、夏休みに英語で取って良い量です。これ以上取ると、単語熟語学習などに影響がきます。


・削り方
例えば、(9)○○大学対策専門単科(5~6日)という講座を考えましょう。やることは過去問が中心に決まっています。であれば、別に講座を取らなくたって自分で練習できるではありませんか!
英語が苦手な人は、それ以前に「文法力と解釈演習量と単語熟語量」が足りていません。この充実を図ることが基本です。それがあってやっと「○○大学対策」ができるのです。


講座の取りすぎはいけません。
夏休みは(1)1学期の復習、(2)夏休みの講座の復習、(3)文法力の完成、(4)単語熟語力の構築 
↑この4つを上手くやらなければなりません。夏季講習の講座をたくさん取れば取るほど、(2)夏休みの講座の復習、の量が増えます。そうすれば(1)、(3)、(4)に影響は必至です。だから夏期講習に受ける量を上手く削ることを考えてください。


次回は復習について語ります。
明日はいつもの文法放送。この続きは月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

2009年7月20日

夏休みの勉強法と塾・予備校(6)

夏休みの勉強法と塾・予備校


夏休みの勉強法塾・予備校」というシリーズの最終回です。この話題の対象は「大学受験生」のみです。よろしいでしょうか?


今日は、復習」についてです。復習は大きく分けて3つあります。
(1)1学期の復習
(2)夏休みの復習
(3)文法の復習


(1)1学期の復習に関しては、そもそも、1学期にちゃんと「受験勉強をしてきたか」に拠ります。してきていなかったら、そもそも1学期の復習ができません。この場合の「1学期の復習」とは、「英文読解の復習」を指します。1学期に読解してきた英文を「音読」することによって復習してください。やり方はこちら


(2)夏休みの復習…こちらは、夏休みの最終週でしかできません。夏期講習で学んだことをもう1回やり直します。同じ問題を解きなおすのです。そうやって夏やった内容の記憶の定着を図るのです。


(3)文法の復習…これは、一部(1)(2)と内容が重複します。英語が苦手な人は、1学期や夏休みに文法の学習をした(する)はずです(しなければなりません)。英語が苦手な人は、少なくとも夏休みの終わりまでに「文法力を完成」させなければなりません。そのためには「同じ文法問題集を何度も繰り返して解きなおす作業」が必要です。やり方はこちら
1学期(かそれ以前)から文法をがんばっていた人は1学期分から、夏休みに夏期講習などで文法をやった人は夏休み分をきっちり「何度も復習」します。これが「夏休み2番目の優先課題」です(1番目は、単語・熟語)。


英語が苦手な人にとっての「復習の重要度」は、(3)>(1)>(2)の順です。


さて、今回のシリーズはこれで終わりです。あ、私のサイトの夏休みの勉強法も参考に。


夏休みを上手く乗り切れば、その後の自信につながります。夏休みはいわば「勝負どころ」です。ここを見ている全ての英語が苦手な受験生が、この夏を首尾よく乗り切られることを祈っています。(-人-)ナムナム...


木曜日に1度雑談を入れて、金曜日には文法放送をします。新しいシリーズは来週の月曜日から始めます。お楽しみに。


(↓目次はこちら)
目次ページへ