相手に誤解されない! 思いが120%伝わる! ノンバーバル・コミュニケーション トレーニング

相手に誤解されない! 思いが120%伝わる! ノンバーバル・コミュニケーション トレーニング

ENGLISH JOURNAL 4月号の特集では、「学習×コミュニケーション大作戦」として、実際に英語を使うために大切なコミュニケーションについて取り上げています。
その中のSTEP2(本誌pp. 38~43)にて、「ノンバーバル・コミュニケーション」を身に付けるためのトレーニングを紹介しています。 今回は特別に、その実演動画を大公開!
ぜひ動画を見ながら、頭だけでなく体も動かしてトレーニングに取り組んでみてください。

※Nonverbal Communication(非言語コミュニケーション):「言葉」以外の要素を使って、相手とコミュニケーションをとる方法。

WARM-UP:顔の体操

ノンバーバル・コミュニケーションのトレーニングに入る前に、準備として「顔の体操」を行いましょう!

Warm-Up 1①顔全体

Warm-Up 2②目

Warm-Up 3③眉

Warm-Up 4④頬

TIP 1:Posture(姿勢)

自信を持って英語を話すために、まずは「姿勢」を正しましょう!

TIP 2:Eye Contact(アイコンタクト)

日本人が苦手な「アイコンタクト」をマスターしましょう!

Tips 2-1①基本のアイコンタクト

Tips 2-2②ビジネスでのアイコンタクト

TIP 3:Smile(笑顔)

会話でいちばん大事な「笑顔」を常に心掛けましょう!

Tips 3-1①自然な笑顔

Tips 3-2②元気な笑顔

TIP 4:Voice(声)

英語を話すときの「声」を思いどおりにあやつるスキルを学びましょう!

Tips 4-1①おなかから声を出す

②低めの声を意識する

Tips 4-21. 自分の声を知る

Tips 4-32. 声の高さを変えてみる

③話の内容と声のトーンを合わせる

Tips 4-41. 感謝の気持ちを表す

Tips 4-52. 謝罪の気持ちを表す

Tips 4-63. うれしい気持ちを表す

Extra:TIP 1~4のまとめ

これまで学んできた、TIP 1「姿勢」・TIP 2「アイコンタクト」・TIP 3「笑顔」・TIP 4「声」のポイントすべてを意識して、簡単な自己紹介をしてみましょう!

【監修・出演】Janica Southwick(ジャニカ・サウスウィック)
アメリカ、ユタ州出身。「基礎英語1 〜 3」(NHK)などのTV・ラジオ番組で活 躍。また、イメージコンサルタントとして、大企業の研修などでノンバーバル・コミュニケーションをコーチングした実績を持つ。

【出演】京香
タレント・声優。アメリカ、ロサンゼルス出身。2011 年「第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン〜次世代声優アーティストオーディション〜」 ファイナリスト。声優、イベントのキャスターなどとして活躍中。

ENGLISH JOURNALについてはこちら
トップへ戻る