ENGLISH JOURNAL 2018年12月号


ENGLISH JOURNAL 2018年12月号

歴史、ファッション、映画から知る「イギリス紳士」のたしなみ

「イギリス紳士」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか? 仕立てのいいスーツ、長い傘、シルクハット? EJ恒例の「イギリス特集」、今回は知っているようで意外と知らない「イギリス紳士の世界」をクローズアップします。「イギリス紳士」とは何なのか、その定義を考察しながら、ファッションや文化に触れてみましょう。また、映画に登場する紳士たちの英語に注目し、教養あふれる言い回しや相手を気遣う表現などをご紹介します。

特別企画1:ハリー・ポッター魔法ワールド最新作公開記念/魔法界の「イギリス紳士」に迫る!

シリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』がこの11月、ついに公開! イギリスを代表する人気俳優で「イギリス紳士」でもあるエディ・レッドメイン、ジュード・ロウが出演する本作の見どころをお届けします。2年ぶりの新作公開に備えて、前作をおさらいしつつ、最新作の注目ポイントをチェックしましょう! キャストのインタビューもお楽しみください。

特別企画2:イギリスの定番クリスマス

毎年12 月になると、街中にはクリスマスソングが流れ始め、お店のショーウィンドーも、プレゼントの準備を促すように華やかになります。日本では、「イベントの一つ」のようにも思われがちなクリスマスですが、本来はキリストの降誕を祝う祭日。本企画では、キリスト教圏の国であるイギリスで、人々がどのようにクリスマスを過ごしているのか、ご紹介します。

特別企画3:モーリー・ロバートソンのWhat’s Trending Now?

政治、社会、歴史、カルチャー、音楽などなど……あらゆることに精通した国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、世界の「いま」をわかりやすく、そして鋭くレクチャー。時に「過激モード」で、素朴な質問にもお答えします! 「世界で話題になっている事柄をイチから英語で知りたい!」そんな皆さん、必読必聴です!

Interview 1 トム・ハーディ(俳優)&リズ・アーメッド(俳優)/「同士」と共に演じた一人二役

スパイダーマン最大の宿敵にして、マーベル史上、最も残虐なダークヒーローの誕生です。人に寄生して超人的な力を持たせる、残虐な宇宙生物「ヴェノム」。その宿主となってしまった主人公とヴェノムの二役を、原作の熱烈なファンであるトム・ハーディが演じます。EJ Interview 1 では、熱意のあまり、ついついしゃべり過ぎそうになってしまう自分を抑えながら、ハーディが“自分との共演”の裏話を語ります。

Interview 2 コリー・オルセン(中世英文学教授)/トールキン研究者が語る、ファンタジーを読むことの意味

コリー・オルセンさんは、中世文学教授で、『指輪物語』のJ・R・R・トールキンの研究家です。ポッドキャストや、ウェブサイトで公開した「トールキン教授」講座が、100万ダウンロードされるほどの人気を博し、一躍トールキン研究者として知られるようになりました。現在は、自ら創設し、総長を務める非営利のオンライン大学、Signum Universityにて、トールキンの作品を中心に講義を行っています。人々を魅了し続ける、トールキン作品について語っていただきます。
…などなど他にも盛りだくさん!

価格 1,540円
商品構成 雑誌(B5判、174ページ)+CD1枚(64分47秒)※CDのMP3ダウンロード提供あり
発売日 2018年11月06日
商品コード 0018121