完全改訂版 バイリンガル教育の方法 12歳までに親と教師ができること


完全改訂版 バイリンガル教育の方法 12歳までに親と教師ができること

これからの時代に求められる「バイリンガル教育」研究の集大成

「グローバル人材」育成のカギは、「バイリンガル教育」にあり。この分野の第一人者による研究成果が詰まった本書は、1998年に初版が刊行されて以来、増補改訂版を経て、ここに集大成されました。これからの時代の「言葉の教育」を考える上で、必読の1冊です。
※本書は『 バイリンガル教育の方法 <増補改訂版>』(2001年刊行)の改訂版です。

「バイリンガル」を深く理解する

「バイリンガル」とは、単に2つの言語をしゃべれる人、ということではありません。4技能の、それぞれの到達度はもちろん、文化的背景も絡み、さまざまな状態の「バイリンガル」が存在しています。
そんな中、どのような「バイリンガル」を目指し、誰が、どのような教育をするのでしょうか。なぜ子どもを「バイリンガル」に育てる必要があるのでしょうか。
バイリンガル教育の先進国であるカナダで、第一人者の一人として長年研究を続け、自らもバイリンガル子育てを実践した著者は言います。

「バイリンガル」が目指す「グローバル人材」を読みとく

「日本人もことばの壁を乗り越えて、目的達成のために異文化の人たちと力を合わせ、リーダーシップを発揮することが求められる時代になった。(中略)実際に世界を見回せば、モノリンガルよりも複数言語話者の方がはるかに多く、第2、第3言語で教育を受ける子どもも地球規模で増している(Tucker, 1999)。子ども時代に複数言語を獲得することは、思考の柔軟性、異文化適応力、言語に対する理解、言語分析能力を強め、子どもを文化的にも知的にもより豊かにするものである」
ここに、時代が求める「グローバル人材」の姿が見えてくるのではないでしょうか。安易に「早期英語教育」という言葉に踊らされず、本当に必要なことを考えるための、説得力ある研究成果と具体的な教育方法が、本書にまとめられています。

価格 2,970円
商品構成 本(A5判、縦210×横148×厚さ16mm、284ページ)
著者 中島和子
発売日 2016年01月28日
商品コード 7015059
ISBN 9784757426986