話す・書くにつながる! 日本語読解 中上級


話す・書くにつながる! 日本語読解 中上級

調べたくなる、話したくなる読解教材

本書は読むだけに留まらず、読んだあと、そのテーマについて話したくなる、調べたくなる仕掛けが満載の読解教材です。多くの既存の読解教材は、読み物を読んで、文章についての文法確認、内容確認をしてその課が終了します。主に試験対策のためのものです。しかし本書は読んで内容を確認して終了、というテキストではありません。読んだあと、調べたり、話したり、書いたりすることで「社会に出て役立つ日本語表現力」を養うためのテキストです。

<本書の特徴>

・話したくなる、調べて共有したくなる12のトピックを用意

さまざまな話題に触れられるよう、「社会」「コミュニケーション」「科学」「生き方」「メディア」「仕事」など多彩な分野の読み物を揃えました。家族の定義について、働き方について、メディアの活用法についてなど、「私の考えは~」「私だったら~」と自分のこととして語りたくなるような素材を集めています。

・選択肢に頼らずに、内容を把握するための問い設定

本文の内容を理解するための設問も一工夫。正しいのはどれか、と選ばせるのではなく、自分の力で文章をまとめたり、筆者はなぜそう考えたのかを模索させたりする設問設定で、深い理解へ導きます。

・テーマや内容についての理解を、話す・書くへと発展させる

内容について、興味、理解を深めたら、それに関連した事柄を話し合ったり、調べて発表したり、作文にまとめたりします。

例えば「自分にとっての家族」という読み物では、本文を通じて家族の定義について筆者の考えを読み解きますが、最後に自分にとっての家族像とはどんなものかを考え、周りと共有したり作文にまとめたりします。「メタ認知とは」という読み物を読んだ後は、自分の日本語力を「メタ認知」するために、現在の能力や目標実現のために高めなくてはいけない能力について書き出してみます。毎課このような作業をすることを通じて、社会に出てからも役立つ日本語表現力を身に付けていきます。

・ダウンロードサービス付き

各課の、「目標」「話してみよう」「ポイント」「発展」の本文を、英語・中国語・ベトナム語に翻訳しました。授業の中で一番取り組んでほしい「読み/考え/調べ/表現する」の活動をスムーズに行うことができます。

・対象レベル:日本語能力試験N2~
・付属商品:別冊語彙リスト(英語・ベトナム語・中国語訳語彙リスト)付き

価格 2,200円
商品構成 本(B5判、縦257×182×厚さ8mm、96ページ、別冊12ページ)
著者 小野恵久子、遠藤千鶴、大久保伸枝、山中みどり
発売日 2016年01月19日
商品コード 7016002
ISBN 9784757426863