HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの書き方(文字表記) > 「戴く」と「頂く」はどう違う?

ことばの書き方(文字表記)

分類:漢字の書き方(漢字)

「戴く」と「頂く」はどう違う?
 「頂」は、「あたま」という意味をもつ「頁」(意符)と、「いちばん高い」という意味をもつ「丁」(音符)からなり、「頭のてっぺん」という意味を表す漢字です。一方の「戴」は、「面を持ち上げてかぶる」という意味をもつ意符と「のせる」という意味をもつ音符からなり、「頭に物をのせる」という意味を表す漢字です。したがって二つの漢字は、もともとは前者が行為の着点である場所を表し、後者が行為そのものを表すという違いがありました。

 しかし、これが動詞「いただく」に当てられ用いられるに際し、両者の違いというものは捨象されました。したがって、「頂く」と「戴く」の間には語彙的意味における違いは見られません。どのような場面で用いられるか、すなわち「戴く」の方がより改まった場面で用いられる、という点においてのみ異なっています。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ