HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの書き方(文字表記) > 「替える」と「換える」はどう違う?

ことばの書き方(文字表記)

分類:漢字の書き方(漢字)

「替える」と「換える」はどう違う?
 「かえる」に当てられた漢字は「変える」「代える」「替える」「換える」とさまざまなものがあります。このうち意味の上では「変える」とそれ以外で大きく分けられます。すなわち「変える」という字は「変化」などにも使われるように、形や色など同じものの状態を違う状態にするという意味が中心的であるのに対し、これ以外の字はある個体を別の個体にするという意味が中心的になります。

 さて、それでは「替える」と「換える」ですが、これらは「変える」ほど意味が異ならず非常に微妙な関係です。ではもともとの漢語ではどのように違っているのでしょうか。「替」という字には「かえる」のほかに「すたれる」や「とりのぞく」に相当する意味もあります。ここから元あったものを破棄して新しいものにするという意味で「かえる」を用いるときに「替える」が用いられることが多いようです。一方の「換える」は「手」が部首であることからもわかるように、物理的に個体と個体をとりかえるという意味です。

 しかしもともとの「替」と「換」という字が違っていても、実際に「かえる」という和語に当てて用いられる際はそれ程厳密に意識して使い分けられているとは限りません。実際、一般的な辞書では同一の見出し語となっている場合が多くなっています。したがって「替える」と「換える」に関しては用法が重なる場合も少なからずあると見てよいと思われます。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ