HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの書き方(文字表記) > なぜ 「がくせい(学生)」と書いて「がくせえ」と発音する?

ことばの書き方(文字表記)

分類:漢字仮名交じり文(長音の書き方)

なぜ 「がくせい(学生)」と書いて「がくせえ」と発音する?
 音の表記というのは、あくまでも現実の音を恣意的に表すものですから、説明の順序としてはむしろ逆に「がくせえ」(あるいは「がくせー」)という音が先にあって、これを表すときになぜ「がくせい」という表記になるのかということが問題になります。

 昭和61年に内閣告示として提示された「現代仮名遣い」を参照すると、エ列の長音に関しては「エ列の仮名に『え』を添える」とあります。そこに例として挙げられているのは次の二つです。

 例: ねえさん ええ(応答の語)

 これに従えば「学生」は「がくせえ」となるはずです。ところがこの告示には次のような付記が添えられています。
次のような語は、エ列の長音として発音されるか、エイ、ケイなどのように発音されるかにかかわらず、エ列の仮名に『い』を添えて書く。

例: かれい、せい(背)、かせいで(稼)、まねいて(招)、春めいて、へい(塀)、めい(銘)、れい(例)、えいが(映画)、とけい(時計)、(ていねい)丁寧

 つまり和語起源のエ列の長音は「え」で示す一方、主に漢字音起源のエ列の長音などは「い」で示すという表記上の原則があるわけです。ご質問の「学生」は和語ではありませんから、この原則に従えば仮名表記では「がくせい」となります。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ