HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの書き方(文字表記) > 「ー」は何という文字で、単体ではどのように発音する?

ことばの書き方(文字表記)

分類:漢字仮名交じり文(長音の書き方)

「ー」は何という文字で、単体ではどのように発音する?
 「ー」は「長音符号」といわれるもので、「々」同様「符号」であって「文字」ではありません。原則として、片仮名で書き表される語に対してのみ使用されるものです。

 平仮名表記の場合には、ア列の仮名の後には「あ」を(「おかあさん」の「あ」)、イ列の仮名の後には「い」を(「おじいさん」の「い」)、ウ列の仮名の後には「う」を(「くうき(空気)」の「う」)、エ列の仮名の後には「え」を(「おねえさん」の「え」)、オ列の仮名の後には「う」を(「おとうさん」の「う」)添えるのが原則です(「とおる(通る)」などこれから外れる場合もありますが)。片仮名表記が用いられる語の場合は、これらをすべて「長音符号」によって表します。「長音符号」は平仮名の「あ」「い」「う」「え」「お」のいずれに当たる場合もあるので、単独で発音することは不可能であると言えます。

 近頃は私信等においては平仮名表記の語であっても、長音符号が用いられているものを頻繁に目にします。上述の原則は内閣告示に基づくものですが、これは「規則/決まり」といった性質のものではなく表記をおこなう上で「よりどころ」となるもですから、私信等において平仮名表記の語に「長音符号」を用いることを誤りであるとすることはできません。

 ところで、この「長音符号」を用いるべき場所に「-(ハイフン)」を用いたものを目にすることも少なくありません。二つは異なった意味をもつ異なった符号ですので、こちらは誤りであると言えるかと思います。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ