HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの書き方(文字表記) > 動物名、植物名の平仮名、片仮名の使い分けに法則はある?

ことばの書き方(文字表記)

分類:文字表記の選択(仮名)

動物名、植物名の平仮名、片仮名の使い分けに法則はある?
 内閣告示の「外来語の表記」では、片仮名は外国の地名・人名、外国語、外来語ならびに擬声(音)語や動物の鳴き声に使うことを原則としています。しかし、出版物などにおいて、アクセントを表記する場合、電報文の表記などこれ以外の場合にも片仮名表記が用いられるのが通例となっています。学術的名称としての動物名や化学物質名の表記にも通常片仮名表記が用いられます(「イヌ科イヌ属」「バラ科サクラ属」など)。

 したがって、学術的な細目として動植物を問題にする場合には片仮名表記が用いられます。また、学術的な文脈において動植物について触れている場合にも片仮名表記が用いられる傾向にあるといえます(例えば、旅先で遭遇したものとして表記される場合に「山猫」であるものが、その生態について述べるときには「ヤマネコ」と表記されるということになるでしょう)。

 とはいえ、これはあくまでも通例として行われていることですから、拘束力を持つものではありませんし、実際にはこれから外れる表記も目にします。平仮名表記では語の識別に支障をきたす(読みにくい)と判断される場合にも、片仮名表記・漢字表記が選ばれることがあるようです(書籍・記事等のタイトルのように、前後に文脈がない場合は別ですが)。

 例えば、犬・猫が平仮名や片仮名で表記されるのに比べ、牛・馬は平仮名で表記されることが少ないかもしれません。実際の傾向は数えてみなければわかりませんが、牛・馬にくらべて犬・猫はわれわれの生活により密接で、さまざまな文脈・見地から問題にされるため、表記のあり方も多様であるということが言えるかもしれません。とはいえ先述の語の識別の問題が考慮されれば平仮名表記は避けられるのではないでしょうか。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ