HOME > 日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの書き方(文字表記) > 致します」「申し上げる」「御請求書」といった漢字の使い方は間違いですか?

ことばの書き方(文字表記)

分類:その他

「致します」「申し上げる」「御請求書」といった漢字の使い方がビジネス文書として、間違いだと指摘されたことがありますが本当でしょうか?
 戦後、当用漢字の制定によって、代名詞・副詞・接続詞・感動詞・助動詞・助詞は、なるべくかな書きにするという原則がたてられました(これは昭和21年の内閣告示によります)。したがって「尚、又、迄」などはこの原則よりひらがな表記となります。

 公的な原則は以上のとおりですが、慣習的にはひらがなの使用はもっと広く見られ、実際のところは本動詞、実質名詞、形容詞(形容動詞)以外に対してはひらがな表記が推奨される傾向があるようです。

 たとえば、「致す」は本来「至る」の他動詞で、「至らせる」という意味を持っていました。しかしこの語が次第に敬意も表すようになり、さらに「お供を致します」のような本動詞としての用いられ方から「お供致します」のような補助動詞的な用法も加わってくると、ひらがなによる表記が志向されるようになりました。補助動詞の扱いは先の告示にはありませんが、このようにひらがなを用いる傾向があります。

 また、複数の語が単一の表現として固定したものも、全体をひらがなで書き表す傾向があります。たとえば、「~かもしれない」は本来「助詞カ+助詞モ+知れ+助動詞ナイ」ですが、少なくとも現代における実際の用法ではそのような分析は意味をなしません。たとえば「モ」を別の助詞「ガ」にして「ナイ」を肯定にした「~かが知れる」とすることはできません。つまりこの表現は、「~かもしれない」で成句となっているわけです。こうした場合、表記の上でも「かも知れない」のように分析的には書かず、「かもしれない」と全体をひらがなで表す傾向があります。

 ただし、当用漢字(常用漢字)の原則も含めて、これらの表記は義務や強制されるものではなく、個人の使用においては特に制限はありません。したがってこれらを漢字表記することは「間違い」というわけではありません。しかし、会社のような社会的な組織においては、原則を守るという以外に、「見やすさ」という合理的な理由からも、ひらがな表記が推奨される傾向があると言えます。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ