HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの書き方(文字表記) > ミイラを「ミーラ」と表記しないのはなぜ?

ことばの書き方(文字表記)

分類:仮名遣い(片仮名)

ミイラを「ミーラ」と表記しないのはなぜ?
外来語をカタカナ表記する際、長音は長音符号「ー」を添えるという原則があるので「ミイラ」を「ミーラ」としないのは確かにイレギュラーな表記といえます。これはなぜでしょうか。

 国語審議会の外来語表記に関する報告書を見ると次のような方針が示されています。

 国語化した書き表し方の慣用が固定しているものは、これを採る。(昭和29年国語審議会報告「外来語の表記について」より)

 「ミイラ」はポルトガル語<mirra>ですが、この語が輸入されたのは古く、「タバコ(煙草)」、「カッパ(合羽)」などと同様にほぼ国語化していると考えられます。したがって後発の原則を適用せず、慣用的な表記「ミイラ」が残されたものと思われます。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ