HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの書き方(文字表記) > 「遠」の10画目は止めて、「園」の12画目は払うのはなぜ?

ことばの書き方(文字表記)

分類:漢字の書き方(字体)

「遠」の10画目は止めて、「園」の12画目は払うのはなぜ?
 ご質問では「遠」の10画目は止めて、「園」の12画目は払う、とありますが、「園」の12画目に関しては書体によって揺れが見られます。教科書体などの系統では払っているものが多いですが、明朝体や行書体などの系統では止めているほうが多いようです。

 漢字の字形は時代や国によって規範とする書体が異なったりするため、どれが「正しい字形」かを決めるのは困難です。また規範があっても、機能性すなわち実際に漢字を書くときの書きやすさを重視するか、装飾性すなわち書いた後の見栄えを重視するかで字形も異なってきます。「園」の12画目はそうした字形のゆれを反映しているといえます。

 基本的に「袁」という字は最終画を払いますが、「園」は「袁」が最終画ではないので10画目は止めて続きを書きます。その方が書きやすいからです。しかし一方で「袁」の字形を重視した場合は見栄えをよくするために払うこともあるというわけです。

 ただし字形のゆれは常に起こるものではなく、へんやつくりなどその字を取り巻く環境で起こりやすさが変わってきます。つまり「園」はゆれが起こりやすい環境になっているということです。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ