ことばの書き方(文字表記)

分類:漢字の読み方(その他)

「刺客」の正しい読み方は?
 「刺客」の読みは「せきかく」もしくは「せっかく」が本来の読み方で、「しかく」(まれに「しきゃく」)は慣用的な読みとされています。

 「刺客」の「刺」と「客」をそれぞれ「せき」、「かく」と読むのはいずれも漢音です。漢音同士すなわち同時期に輸入された読み同士で構成されている、ということは「せきかく(せっかく)」がおそらくは本来の読みであると推定されます。

 ただし「刺客」を「しかく」と読むのはそれほど新しい習慣ではないようです。たとえばヘボンが1867(慶応3)年に編んだ『和英語林集成』という日本で、最初の和英辞典にはすでに「刺客」の見出しに「SHIKAKU(しかく)」という表記が用いられています(なお同辞書に「せきかく」、「せっかく」に相当する見出しはありません)。

 現代では「しかく」が慣例として定着しつつあり、より一般的と言えるでしょう。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ