HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの書き方(文字表記) > 「破たん」など表外字を仮名にするのにはどの程度強制力がある?

ことばの書き方(文字表記)

分類:文字表記の選択(仮名)

「破たん」など表外字を仮名にするのにはどの程度強制力がある?
 内閣告示にある常用漢字表はあくまで「漢字使用の目安」であり、個々人に対してその使用を強制するものではありません。これは告示の中にも明記されています。したがって、常用漢字表にない文字であっても文化・慣習・専門分野等の理由から使用することは何ら問題はないはずです。

 ただし常用漢字の使用が政府から推奨されている以上、新聞・雑誌などの公共性の高いものに関しては、特別な理由のない限り常用漢字表にない文字を使用するのはためらわれるところであると思われます。行政機関では公用文の表記において「漏洩する」など常用漢字表にないものは「漏れる」などで代替するようになっているようです。しかし、この種の「書き換え」もやはり限界はあると思われ、新聞などで目にする「漏えい」といった表記は苦肉の策であろうと想像されます。

 いずれにせよ、常用漢字表の漢字のみを用いるか否かは法律ではなく、それぞれの判断に委ねられているというのが現状です。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ