HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの書き方(文字表記) > 「雨」の読み方「あめ」と「あま」を決める法則性はある?

ことばの書き方(文字表記)

分類:漢字の読み方(字音)

「雨」の読み方「あめ」と「あま」を決める法則性はある?
 辞書で「あま-」で始まる語を探しますと、「雨蛙」「雨傘」「雨雲」などが見つかります。一方、「あめ-」で始まる語には、「雨風」「雨上がり」「雨降り」などが見られます。「あま-」で始まる語群と「あめ-」で始まる「雨風」を比べると、後者が「雨」と「風」という二つの指示対象を並列的に並べたものであるのに対して、前者は「雨」と「蛙」、「雨」と「傘」、「雨」と「雲」を並列的に並べたものとはいえません。それぞれ「小形の蛙」「雨天に用いる傘」「雨が降る際に現れる雲」という、一つの対象を指示する名詞です。

 ところで、「雨風」を「あめかぜ」と読んだ場合は「雨と風」の意味ですが、「あまかぜ」というと「雨を含んだ風」という意味に理解されます。この現象もまた、「あめ-」と読んだ場合には二つの指示対象を並列的に並べた名詞であり、「あま-」と読んだ場合には一つの対象を指示するという上述の説明を裏付けるものでしょう。「あま-」と音を変化させることが、二つの語を結びつけ一語としてのまとまりを強くしているといえるでしょう。

 さて、「あめ-」で始まる語には「雨上がり」「雨降り」など、二つの指示対象を並列的にならべるという考えでは説明できない語もありました。しかしこれらは、「雨が上がること」「雨が降ること」という意味であり、そこには主述の関係が見いだされます。指示対象が一つの事物として認識されないために「あま-」と読まれないと考えれば、上述の問題と統一的に考えることができるでしょう。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ