HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 同じ過去のことを表すのに「~した」と「~している」の2通りあるのはなぜ?

ことばの仕組み(文法)

分類:その他(テンス)

同じ過去のことを表すのに「~した」と「~している」の2通りあるのはなぜ?
 通常「~した」は過去を表し、「~している」は進行や結果残存を表すというように両者は異なったはたらきをします。

 「~した」と「~している」には共通点はあるものの、両者に語感の違いが存在することも確かです。例えば単に歴史的出来事を表すときには「~している」は用いられません。

  ○紀元前206年に秦王朝が滅亡した。
  ×紀元前206年に秦王朝が滅亡している。

 一方で、「このレストランには去年行っている」や「3年前に一度見ている」など、過去に起こった出来事が現在と何らかの関係を持っているときは「~している」を用いることができます。とくに過去の出来事が現在にも影響を及ぼしているような文脈では「~している」の使用が好まれる傾向があります。

  ○父は若い頃にたくさん遊んでいるので若い者の行動に理解がある。
  △父は若い頃にたくさん遊んだので若い者の行動に理解がある。

 過去の出来事が現在も有効であるような事態の典型として「経験」が挙げられます。「彼は幾多の現場を経験している」など個人の経験を表す時は「~している」が多く用いられます。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ