HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 「大きな声」はナ形容詞? 「大きい声」とどう違う?

ことばの仕組み(文法)

分類:連体詞(大きな)

「大きな声」はナ形容詞? 「大きい声」とどう違う?
 学校文法などでは「大きい」は形容詞(日本語教育などではイ形容詞)、「大きな」は「この」「その」などと同じカテゴリーである連体詞に分類されています(ただし、「この」「その」の類は他の連体詞と区別して指示連体詞と呼ばれる場合もあります)。「大きな」が連体詞とされる理由は、「大きだ」のように活用せず、常に連体修飾のみに用いられるためです。「大きな」をイ形容詞と考えるのは問題があります(もちろん教育的配慮からイ形容詞連体形の異形態と教えるほうがわかりやすいということはあります)。「大きな」の場合はたまたま対応する「大きい」がありますが、これ以外の連体詞、例えば「ひょんな」には対応するイ形容詞がありません。

 「大きい」と「大きな」が両方存在するのは歴史的な理由によるものです。もともとは「大きな」のもとである「おほきなり」が使われていたのですが、後に「大きい」が生じたため、「おほきなり」のほうはもっぱら連体形「おほきなる」が使われ、「る」が脱落して「大きな」として定着したようです。つまり歴史的に見れば「大きな」はナ形容詞だったということになります。

 しかし現代語では活用しないので、「大きな」は分類の上では形容詞ではなく連体詞ということになります。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ