HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 「だんだん」と「少しずつ」はどう違う?

ことばの仕組み(文法)

分類:副詞(だんだん)

「だんだん」と「少しずつ」はどう違う?
 「だんだん」は、変化の仕方が徐々に進んでいくときに使う副詞で、もともとは階段の「段段」からきている言葉でしょう。「だんだん暗くなってきた」「だんだん性格が悪くなっていく」「だんだんピアノが上手になる」のように「~てくる」「~ていく」「~になる」などの言葉とよく使われます。

 「少しずつ」は、「だんだん」と同じように変化する様子を修飾する副詞として使われる場合と、変化しないものに使う場合とがあります。前者の場合は、「少しずつ暗くなってきた」「少しずつ性格が悪くなっていく」「少しずつピアノが上手になる」というように、「だんだん」を「少しずつ」に置きかえることができます。後者の場合は、「このくすりは少しずつ飲んでください」という例文のように、「だんだん」に置きかえることはできません。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ