HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 「どうやら~らしい」と「どうも~らしい」はどう違う?

ことばの仕組み(文法)

分類:副詞(どうやら)

「どうやら~らしい」と「どうも~らしい」はどう違う?
 「どうやら」「どうも」は、ともに「どうやら P らしい/ようだ」「どうも P らしい/ようだ」という言い方でPであることの不確かさを述べる、Pであるとは断定できないことを述べる表現です。

 「どうやら~」がPであるとする根拠を客観的な事実に求めながら断定を保留する表現であるのに対して、「どうも~」の場合はPであると判断する根拠が明確ではないときに用いられます。例えば、次のような文脈には「どうも」はそぐわないように思います。

 天気予報によると、明日はどうやら雨らしい。
 天気予報によると、明日はどうも雨らしい。

 これは、「どうも」が「らしい/ようだ」を伴わずに自らの考え・感情について述べることができるのに対して、「どうやら」は同じようには用いられないという事実からも見てとれます。

 彼の話がどうも気になってしょうがない。
 この結論ではどうも釈然としない。

 ×彼の話がどうやら気になってしょうがない。
 ×この結論ではどうやら釈然としない。

 この場合の「どうも~」は、自らにそのような考え・感情があることは明確であるが、その考え・感情を引き起こした要因が明確でないことを表現するものだからです。他人の考え・感情について断定を保留しながら判断するという文脈では、「どうやら」は問題なく用いられます。

 花子は彼の話がどうやら気になってしょうがないようだ。
 太郎はこの結論ではどうやら釈然としないようだ。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ