HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 「~ます」と「~んです」はどう違う?

ことばの仕組み(文法)

分類:助動詞(ます)

「~ます」と「~んです」はどう違う?
 「~のだ(~んだ)」は、話し手が前に述べられている内容、例えば「行くのだ」は「行く」という判断に対して根拠を持っている場合に用いられるといわれます。「~のだ」という形式が説明文において頻繁に用いられるのはこのためです。説明文というのは、話し手(書き手)の側から聞き手(読み手)に対して情報を与える文ですから、話し手(書き手)は説明文において何かを述べるだけの根拠を持っているというわけです。また「~のだ」は、通常の会話文においても、「この辞書、すごく使いやすいんだ」「浩も参加するらしいんだ」のように、話し手の側から聞き手に対して情報を提示する場合に用いられます。

 一方で、「~のだ」は聞き手に情報を求める「その辞書、そんなに使いやすいんですか?」「あなたも参加するんですか?」といった質問文にも現れます。しかし、これらの質問文は、発話される文脈というものが限られています。最初の文は、聞き手がある辞書がいかに使いやすいかを説明した後でなければ発話されず、単に辞書を持っている聞き手に対して発話することはできないでしょう。また、後の文も、相手の言動から参加するそぶりを見て取った場合には問題なく許容されますが、「これこれこんな会があるんです。あなたも参加するんですか?」というように、相手が参加するだろうとの判断を下すだけの充分な根拠がないような文脈では不自然な文となります。

 このように、「~のだ」は判断を下すだけの根拠がある場合に用いられる形式ですので、「~のだ」を多用することによって押しつけがましさが生じるとの指摘もあります。目上の方など、立場が上の方と話をする際には、この点に配慮が必要となるでしょう。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ