HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 「もう、お風呂に入ろうっと」「お掃除しようっと」の「と」は何?

ことばの仕組み(文法)

分類:助詞(と)

「もう、お風呂に入ろうっと」「お掃除しようっと」の「と」は何?
 ご質問のような場面で使われる「と」は、文法的に言えば「こんにちは-と-言った」や「それがいい-と-思った」などで用いられるいわゆる引用の「と」です。引用とは普通、所与の発話や思考を再現することで他者に報告するものです。

 ではなぜ「お風呂に入ろうっと」のような独り言にも引用の「と」が用いられるのでしょうか。これは自分の発話を「と」によって引用的にすることで、その発話があたかも自分のものではないようにしていると考えられます。なぜわざわざ自分の発話を引用的にするのかというと、それによって「~と言ってみた」というニュアンスを持たせることで、発話と自己を引き離したり、間を持たせたり、断定を避けて保留したり、「知~らないっと」のように責任を回避するような機能を発話に帯びさせるためだと考えられます。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ