HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 「わかる」と「知る」はどう違う?

ことばの仕組み(文法)

分類:動詞(わかる)

「わかる」と「知る」はどう違う?
 「わかる」「知る」は、次のような文脈では同じように用いることができ、違いが感じられません。

  使い方がわからないので教えてください。
  使い方を知らないので教えてください。

 しかし、以下のような文脈では「知る」を用いることができず、二つの語の意味に違いがあることが見てとれます。

 ×説明を聞いたが使い方を知らない。
  説明を聞いたが使い方がわからない。

 ×いろいろ試してみたが使い方を知らない。
  いろいろ試してみたが使い方がわからない。

 このように、「知る」は新たに知識などを得ることを表しますが、「わかる」はそれを理解・把握し自らのものとすることに主眼がおかれています。したがって、「知る」→「わかる」という過程はあっても、「わかる」→「知る」という過程はありえないということがいえます。

  アメフラシは、その存在は広く知られているが、生態はまだよくわかっていない。

 また、二つの語には、このような意味の違いの他に、統語的な振る舞いにおける違いが見られます。

  知りたい/×わかりたい
  知られている/×わかられている



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ