HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 「あっさり」と「さっぱり」はどう違う?

ことばの仕組み(文法)

分類:副詞(あっさり)

 「あっさり」と「さっぱり」はどう違う?
 以下のような文脈では、「あっさり」「さっぱり」は同じように用いることができ、二つの語に意味の違いを見いだすことは難しいように感じられます。

  このスープはあっさりしている。
  このスープはさっぱりしている。

 しかし、次に挙げた例を比較すると、二つの語に意味の違いのあることが見てとれます。

  このスープは薄味であっさりしている。
  このスープは薄味でさっぱりしている。

 最初の文では、「で」を原因・理由として解釈することができますが、後の文ではむしろ「で」が並列を表していると解釈されます。すなわち、後の文は「このスープは薄味でしかもさっぱりしている」という意味には解されても、「このスープは薄味であるためにさっぱりしている」とは解釈されないように思われます。ここから、「あっさり」は味の濃淡について言及する語であると考えられますが、「さっぱり」について同じようにいうことはできないということがわかります。

 「あっさり」という語を辞書で確認してみますと、「あとを残さないさま」という意味が見られます。一方の「さっぱり」にはこの意味はないようです。

  このスープは後味がさっぱりしている。
  このスープは後味があっさりしている。

 したがって、このような文脈では「あっさり」を用いた文が不自然となります。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ