ことばの意味(語彙・意味・語源)

分類:単語の意味(陳謝)

「陳謝」と「謝罪」はどう違う?
 「陳謝」と「謝罪」はどちらも相手に対して自分の非を詫びるという意味では同じです。例えば次のように言った場合、両者に違いはほとんど感じられません。

  記者会見で社長が顧客に対し陳謝した。

  記者会見で社長が顧客に対し謝罪した。

 しかし、「謝罪」は詫びる行為全般を指し示しているのに対し、「陳謝」の方は謝罪に必ず「詫び言」が添えられているという点において両者に違いがあります。「陳」という字は「開陳」などの言葉に見られるように「述べ立てる」という意味があります。したがって「陳謝」は必ず言葉を伴った謝罪を表すのです。例えば、次のように言葉以外で謝罪の意を示すような文脈では、「謝罪」を用いることはできますが「陳謝」を用いることはできません。

  ○あの男は何も言わずに金を送りつけることで謝罪したつもりらしい。
  ×あの男は何も言わずに金を送りつけることで陳謝したつもりらしい。



ことばの意味(語彙・意味・語源) トップへ



日本語Q&A トップへ




  • アルコムワールドで日記を書く

JSST

アルクオンライン日本語スクール

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ