2019.09.13 Fri

日本語教育の歴史

はてなブックマークに追加

皆さま、こんにちは。
早いもので既に9月ですね。

カレンダーを見ながら恐怖を感じつつある
今日この頃です。


以前、何かの記事で、
「8月には問題集3周は終わらせておくべき」というのを拝見し、
かつてはこの理想的なスケジュールをお手本に!と思ってはいたものの、
今のこの時期、この理想的なスケジュールからは程遠く。
(1周も終わってない。。)
既に3周終わっている方々、尊敬いたします。

焦らないとならないのかもしれませんが、
焦るどころか何故かじっくりのめり込んでしまう、
NAFLって危険~!!を実感しております。

むしろ、どんどん深くハマってしまうので、今のこの時期に
NAFLは読むべきものではないのかもしれません。。。

自分でも全く予期していなかったのですが、
思わぬ分野でハマってしまいました。

「日本語教育の歴史」!

例えば、ゴンザさんとソーザさん。

まずはカタカナ書きなので、最初は何人かもよく分からない
インパクトのあるお名前。

正解は、お二人とも日本人。
漢字で書くと納得の、権左さんと、宗左さん。

大阪に住む薩摩藩関係者に、お米や紙などを届けるために薩摩から
出帆したものの、暴風雨に遭い海上を6カ月も漂った結果、
遥か彼方ロシアのカムチャツカ沿岸に漂着してしまうという。。

ん???
あ。知ってます~!

確かまだ若かりしほやほやの中学生だった頃、
社会科の先生(←雑学王並み)が授業で仰っていました!

まるでその時代に、
「先生、実はそこでご活躍されていたのですか?」という程知識が豊富で、
何を突っ込まれても必ず返答出来る先生の話は大変興味深く、
のめり込んで聞いていたものです。

遠い記憶でしたが、あの頃の先生のお話が蘇って
来ましたー!
先生、今更ながらありがとうございますー! 

あぁぁぁぁ、今、先生にお会いしたい。。。
そして今、もう一度教えてください~ 
今、気になってます。先生のお話!

テキストを見ては、気になって用語集でチェック⇒そしてググる。
ほほ~、そうだったんだ~!と当時に思いを巡らせる。。。の、
無限ループ!


NAFL日本語教師養成プログラム画像

用語集、各章に分かれていてこれもまた
分かりやすい! 

こういうの、もっとじっくりと勉強してみたいですね~。
一体自分が何に向けて勉強しているのか分からなくなって
来ています。

まだまだ薄っぺらいですが、色々と知識が増えていくのは、楽しいことですね。
寄り道しっぱなしですが。


つづく

はてなブックマークに追加