2019.10.30 Wed

検定試験、受けてきました!

はてなブックマークに追加

皆さま、こんにちは。


そして日本語教育能力検定試験を受験された皆さま、
お疲れ様です!やっとこさ終わりましたね!


今年は10月27日の日曜日。
何度この日をスキップしたいと思ったことかわかりません。


この数字を見るたびに、「うっ」と思わずには
いられなかったこの日を、私は何とか乗り切りました。

勉強不足なのはよ~~~く分かっていましたので、
更にモチベーションは下がりまくり、
果たして受験する意味があるのかどうか(申し込んじゃったけど)。。
受けても受けなくても結果は見えているので。。


ですが!

10月に入り、なぜか私のやる気スイッチが入ったのです!(←え。遅い)


どうせやるなら、頑張りたい!!できるところまで頑張ってみようじゃないの!
やり切った!と思える試験にしたいじゃないの! 

…と、急にやる気になり、私は変わりました。



受けるからには、中途半端な気持ちで向き合ってはダメだ、
全力で当たってみたいと今更ながら思った私は、
10月に入ってからは気持ちを入れ替え、最後のあがきで頑張りました。
今更遅いと分かってはいつつも、真剣に勉強に取り組みました。



時間のない中すがった本が、アルクの「合格するための本」
こちら↓
NAFL日本語教師養成プログラム画像

そして迎えた試験当日。


今の自分ができる限りのことはやったという気持ちを胸に、
全力で挑んで来ました。



もちろん私が試験のお供に持っていったのは、「合格するための本」。
個人的に大変助かったのが、試験Ⅱ対策としてのこちらのページ。↓

NAFL日本語教師養成プログラム画像


これ、本当に分かりやすくて見やすいです!
そして覚えやすい!!


本当に短期間で一気にガ~っと無理やり詰め込んだ私ですが、
そんな私でもすんなりと頭に入ってきました。
このページのお陰で、試験Ⅱは(私の中で)一番自信を持って挑むことができました。
お薦めです!



試験Ⅰ・試験Ⅱ・試験Ⅲと、終わっても終わらない長い長い一日でした。


特に女性の皆さまは、トイレ行列もお疲れ様でしたよね。
休み時間、長いな。と思っていたのですが、トイレ行列を考えると
中休みはちょうど良い長さでもあるのですかね。


合格への道は一日にしてならずだと分かってはいますが、
あのまま諦めて中途半端な気持ちで挑んた試験より、
とにかく最後は自分なりにやり切った!といえる挑戦となり、
大人になってからはなかなか味わうことのない達成感を
味わうことができました。



しばらくは、あのプレッシャーから解放された喜びを感じていたいと思います。




つづく

はてなブックマークに追加