2019.12.27 Fri

合格への道

はてなブックマークに追加


今年も残り一週間を切りました。
みなさんにとって
令和元年はどんな年でしたか。

私は
大学卒業して以来初めて、
真剣にお勉強に向き合った一年でした。


思い起こせば
今から1年前の2019年正月明け。
日本語教育の勉強を開始するために
『NAFL』を受講するかどうか
迷いに迷っていました。
受講を開始し、
検定試験合格を目指すとしたら、
真剣に取り組む必要があるため、
腹をくくるのにとにかく時間がかかりました。

やっと腹を決めたのが
桜満開の4月上旬。
『NAFL合格パック2019』の販売は
既に終了していました…。
そんなことなら、
もっと早く腹をくくって
『合格パック』で
受講を開始するんだったー(泣)
と後悔しながらも、
『NAFL』の受講を開始。

…したものの、
実際にエンジンかかって
勉強を始めたのは
5月に入ってからです。

今現在(2019年末)、
2020年の検定試験を
受験をしようか
悩んでいる皆さん。
悩んでいるより

年明けから勉強を開始すれば、
間に合います!!

私のように
春以降に始めると、
ずーっと気持ちが焦ったまま
勉強を続けることになるので
おすすめしませんよー。


さて、
5月から10月の6カ月間で
どのように合格を目指して
勉強を進めたのか
ざっと振り返ってみたいと思います。

ちなみに私は
月曜〜土曜の週6日
仕事をしており、
休みは日曜日のみです。
6カ月を大きく3つのタームに
分けてみました。


1.5月〜7月中旬
・電車通勤中(往復40分)と月〜土夜(2時間)
『NAFL』テキストを読み(じっくりペース)
大切と思われる箇所に蛍光ペン。

・日曜(3時間)
蛍光ペンの箇所をノートにまとめる。

2.7月下旬〜9月初旬
・電車通勤中(40分)と月〜土夜(2時間)
 『NAFL』テキスト読む(飛ばし気味)。
 『合格するための本』巻末必須用語集を
 アプリの音声で聞く。

・日曜(5時間)
 『合格するための本』解く
 「音声」の勉強を終わらせる

3.9月中旬〜10月末
・電車通勤中(40分)
 『合格するための用語集』全部覚える

・月~土夜(3時間)と日曜(10時間)
 過去問(4年分)解く。
 週3回「記述式」の練習。


ざっくりとこんな感じでした。

7月〜9月は特に平日は
多忙を極めていたのですが、
クタクタになって帰宅した後、
どうやって2〜3時間も
机に向かって勉強を
継続できたかというと…

ずばり
ジョギングです!!

はぁ?
疲れているのにジョギング?
と思いますよね。

以前このブログで紹介したのですが、
軽くジョギングしてから
勉強すると
記憶力がアップするそうで、
仕事が忙しくなる前から、
日曜は勉強の前に、
軽くジョギングをするように
していました。

そして忙しくなってから、
夜疲れて帰宅したある日、
記憶力アップのために
ジョギングをしてみたら、
あら不思議!
体が軽くなって頭がスッキリ。
クタクタだったのが、
嘘のように回復したんです!
それからは平日の夜、
30分ジョギングすることを
習慣にしました。

疲れて帰宅した時、
一番やりたくないのが、
勉強ですよね。
以前の私は
疲れて帰宅すると、
海外ドラマや映画を
ダラダラ見てしまう習慣がありました。

それが、
30分の軽いジョギングの後、
お風呂に入って
心も体もスッキリすると
海外ドラマには気持ちが向かず、
机にすっと向かって
勉強が2時間でも3時間でも
できちゃうんです。
しかも集中力が続く!

検定試験が近づいて
日曜日に10時間以上勉強していた時も、
続けて長時間
机に向かっていたわけではなく、
合間に必ず軽めのジョギングをしていました。

ジョギングが苦手な方は
ウォーキングでも良いと思います。
ぜひ皆さんも試してみてください!


4月に始まった
『合格したい日記2019』も今日で最終回。
ブログを書くなんて、
人生で初めてだったのですが、
振り返ってみると、
このブログ自体も合格への道に
つながっていました。

自身の勉強の日々を
定期的につづることで
客観的に振り返りができ、
「メタ認知」ができていたんです。
(↑試験勉強で覚えた用語のひとつ)
自身の勉強スタイルや
学習習慣を俯瞰して分析する
ことも、
合格するための
大切な要素のようです。

ブログを書く機会をいただけたことに
感謝しています。

そして
つたないブログを
読んでくださった皆さん、
ありがとうございました!


2020年が皆さんにとって
素晴らしい年でありますように。

NAFL日本語教師養成プログラム画像

【完】

はてなブックマークに追加