2019.12.27 Fri

振り返り

はてなブックマークに追加

さて。

4月から検定試験に向けて一歩を踏み出したわけですが、
今回は頑張りが足らず、残念ながら不合格となった
かわいそうな私。←自業自得


ある時はやる気に満ち溢れ。

またある時は勉強に拒絶反応を起こし。

またまたある時はテキストが楽しすぎて読んではググるの無限ループにハマり。

またまたまたある時はすっかりモチベーション急降下。(←意外と長引いた。)


思えば色々と心境の変化もありました。

が、

結果的に、やっぱり日本語教師の勉強は楽しい!!


自分に甘いもので、なかなか「計画」通りに勉強することができず
まとまった時間を確保することが難しかったのですが、
通勤時間・移動時間には、「聞くだけ」で勉強できる
語学のオトモ「ALCO」に大変お世話になりました。


合格するための問題集 特典音声(耳から覚える必須用語)を
ダウンロードし、聞いていました~。

NAFL日本語教師養成プログラム画像NAFL日本語教師養成プログラム画像





試験に出てくる必須用語はALCOのおかげで、いつの間にか
大体頭に入ってきていました!!


そして、試験1カ月前に、最後の悪あがきでやる気スイッチが入った私ですが、

合格ラインと言われている7割には、あと一歩のところでした。。

くぅ~~~・・・・!!

あのやる気スイッチ、もっと早く入らなかったのでしょうか。。。

そして、あの時、「あっち」をマークしていれば。。!!
後悔の嵐です。


ですが・・・。


試験Ⅱの聴解に関しては、できない私が唯一自信を持って挑むことが
できた!!と感じていた通り、なんと8割近く取れていました!

おぉ~~~~~!!!!


もはや今の私が自信を持てるのは、聴解問題しかない!!


聴解は、アルクのこの「合格するための本」が本当に役立ちました。
まさにバイブル!

CDついてます。


NAFL日本語教師養成プログラム画像


とにかく最後の1カ月前に、諦めモードから急にやる気スイッチが入り
真剣に取り組んだくらいですから、本当に時間がないので、
あれこれ手を付ける事なんてできません。


この本は、「音声記号を伴った整理」と「音声記号表」を一度に見れて、
本当に見やすく頭に入りやすいです。


それと、以前ご紹介したアルク主催の「解説セミナー」と、
「直前対策セミナー」ですね。


あのセミナーで学んだこと、いただいた講義テキストは、本当にわかりやすく、
何度も見直しました。

「合格するための本」と併せ、こちらでいただいたテキストの試験Ⅱ対策も
本当にお世話になり、分かりやすかったです。
もちろん、試験会場にもオトモに持って行きました!


せっかくアルクの「NAFL」を申し込み、「合格パック」という
素晴らしい教材に巡り合えたのに、フル活用することができなかったことが
大変悔やまれますが、これらの教材をしっかりと勉強して試験に挑んだので
あれば、やはり合格はできるのでは?と、今回1カ月詰め込んだ私は
感じています。


もっと早く、きちんと教材と向き合って、計画的に勉強をすることが
できていたら・・・と、今更後悔です。


試験も終わり、しばらくまた元の何も勉強しない生活が続いてしまって
いましたが、これからはゆっくりじっくりとNAFLテキストを熟読することが
できるのか~!!と、楽しみです。


これからまだまだ、少しずつですが勉強を続けていこうと思います。



おしまい

はてなブックマークに追加