HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語教師の資格

日本語教師の資格

日本語教師になるための方法

イメージ

日本語教師になるための国家資格や公的資格は特にありませんが、法務省が新たに定めた「日本語教育機関の告示基準」(2017年8月1日から施行)では、以下のいずれかを満たすことを日本語教員の要件としています。

【1】日本語教育能力検定試験に合格する

日本語教育能力検定試験とは、日本語教育の知識や能力が、現場で求められる基礎的な水準に達しているかどうかを測定する試験です。試験日は年に1度で、これまでは毎年10月に実施されています。なお、検定試験の合格者は、4年制大学の卒業の有無を問われません。

【2】大学・大学院で日本語教育について学ぶ

大学、または大学院で日本語教育に関する科目を履修し、必要な単位を修得する必要があります。幅広い知識を学べる一方、多くの時間と費用が必要になります。

【3】文化庁が認定した養成講座などで420時間以上の教育を受ける

「日本語教員養成において必要とされる教育内容」で文化庁が認定した研修(420時間以上)を修了する必要があります。かつ4年制大学の卒業資格を保持していることが条件となります。

日本語教師の働き方

学校、企業、ボランティア、海外......日本語教師として働く場所は、さまざまな選択肢があります。国内外の学習者増加に伴い日本語教師が不足しており、活躍の場はさらに広がるでしょう。

●日本語学校

求人数は最多。学生の大半は、日本語を学ぶことや大学進学を目的に来日した留学生です。フルタイムの常勤講師として勤務する場合と、パートタイムの非常勤講師として勤務する場合があります。

●オンラインレッスン

自宅のパソコンで授業が受けられるため、近年は海外在住の学習者による利用も増えています。空き時間を利用して週に数時間だけ働きたい、在宅で日本語を教えたいという人に最適です。

●ボランティア

地方自治体や交流団体が運営する地域の外国人向け日本語教室では、ボランティアの講師が多く活躍。教師の報酬は交通費程度で、基本的に無給ですが、教師の経験を積むには最適です。

●海外

民間の語学学校のほか、選択科目として日本語の授業を行う高校や大学もあります。JICAなど公的機関の海外派遣プログラムやインターンシップでも、日本語教師を定期的に募集しています。

<広がる活躍の場>

外国人児童・生徒が多い小・中学校の補習授業、企業研修など、学習者のニーズ拡大に合わせて日本語教師が求められる場面も多様化傾向にあります。言語学や幼児教育、英語の知識がある人は、大学の留学生別科やインターナショナルスクールという選択肢もあるでしょう。

  • アルコムワールドで日記を書く

JSST

アルクオンライン日本語スクール

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ