Q

ロールプレイのやり方を教えてください。

ロールプレイとは、ロールカードと呼ばれるカードに指示された役割(ロール)になりきって、それを演じる(プレイする)活動です。

状況も役割もさまざまです。上司と部下の会話なら敬語を使った会話、友達同士ならインフォーマルな会話というように、役の設定によって待遇表現も変わります。ロールプレイは、例1のように1人で行うものもあれば、例2のように複数名でそれぞれの役割を演じるものもあります。初級向けに学習者の母語で書かれたロールカードを使う場合もあります。


例1)


漢字学習の進み具合に応じて振り仮名をつけます。


例2)


ロールプレイ前の教師の動き
下記のようなカードを使ってロールプレイをする場合、活動に入る前に次ページのような流れで活動の説明を行います。


例)


どの活動でもそうですが、活動の最初はテーマに合わせた会話でウォームアップをします。次にロールカードを配り、状況と役割分担を確認します。その後、カードを回収したり裏にして見ないようにさせます。
教案を作る際には、指示の仕方を綿密に考えておきましょう。例の見せ方やカードを配るタイミング、教師のことばなどは事前にシミュレーションしておくと、本番で慌てずにすみます。 ロールプレイが終わったら、よかった点、悪かった点をフィードバックします。クラスメート同士でフィードバックをする時間を設けてもいいでしょう。


1. ウォームアップ、2. ロールカード配布、3. 状況、役割分担の確認、4. カード回収(裏にする)、5. ロールプレイ開始 ――が基本の流れです。小道具を使うなど、臨場感も大切に。





新米日本語教師 授業の作り方Q&A トップへ  



  • アルコムワールドで日記を書く

JSST

アルクオンライン日本語スクール

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ