Q

カタカナ語はどのくらい教えたらいいのでしょうか。

漢字圏の学習者が母語の漢字語彙を多用する場合があるように、欧米系の言語を母語とする学習者が、自分の母語をカタカナで表記したり日本語っぽく発音したりする場合があります。確かに、そのカタカナ語の多さに違和感を覚える場合もありますね。


カタカナ語(ここでは主に外来語のカタカナ語を指します)は、一般的に通じることばなら許容してもいいのではないでしょうか。一般的に通じる、というのはもとになっている言葉、たとえば英語なら英語が話せない日本人にも通じるかどうかが1つの目安になるでしょう。


日本語教師は、学習者から英語の単語を聞くことも多く、一般の日本人があまり使わないものでも、授業でよく聞くものであれば許容範囲に入れてしまうことがあります。たとえば、opposite(反対(語))、past(過去(形))、present(現在(形))など文法説明に使いそうな語は要注意です。


最近ではカタカナの使用頻度も増えています。その中には本来の意味とは少し違う意味で使われている語も少なくありません。よく使われているカタカナ語や、カタカナ語とそうでない類語との語感の違い(「カルチャー」と「文化」、「ヘルシー」と「健康的」の使い分けなど)にも気をつけましょう。


ある程度経験のある学習者とは、その語感の違いを話し合う機会があってもいいでしょう。両方使えれば、いっそう語彙が広がるわけですから。


一般的に通じることばなら許容してもいいでしょう。本来の意味とは少し違う意味で使われている語や、カタカナ語とそうでない類語との語感の違いなどには気をつけましょう。






新米日本語教師 授業の作り方Q&A トップへ  



  • アルコムワールドで日記を書く

JSST

アルクオンライン日本語スクール

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ