Presented by 「日本語教師☆ナビ
執筆 岡田英夫


語用論的規範


「語用論的規範」に関する次の問1~3に答えよ。
※正解だと思う選択肢をチェックして判定ボタンを押してください。
【問1】 ポール・グライスの協調の原理で、「様態の公理」とは?

a) 必要な量の情報を与え、必要以上には与えない。

判定
b) 真実でないことや確信していないことは言わない。
c) 関係ないことは言わない。
d) 不明瞭、あいまいな言葉は使わず、簡潔に順序立てて話す。

【問2】 ブラウンとレビンソンのポライトネス理論に従うと、「ネガティブ・ポライトネス・ストラテジー」に属するのは?
a) 新しいネクタイを褒める。 判定
b) 敬語で話す。

c) 冗談を言う。

d) 仲間内だけで通じる単語を使う。

【問3】 次のうち、一般的に「遂行動詞」に【分類されない】のは?
a) 語る 判定
b) 抗議する
c) 頼む

d) 誓う

 
解説
<<< 前の問題へ 次の問題へ >>>


必修! 日本語教育能力検定試験「基礎項目」対策講座 トップへ  


  • アルコムワールドで日記を書く

JSST

アルクオンライン日本語スクール

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ