HOME > JSST > Level 3

Level 3

level3

レベルイメージ

自分にとって身近な話題に関しては、きちんと受け答えをすることができます。しかし、身近でない話題については何も答えられない場合が多く、答えたとしても短く言葉を返すのみになってしまいます。

テキストタイプ

簡単な文で話すことはだいたいできており、独立した短文を2つ、3つまとめて話している場合もあります。全体としては比較的性格な文を作っていますが、言い終わるまでに時間がかかります。

文法

語順がバラバラになる、主語や動詞が抜けるなどの初歩的な文法の誤りが発話全体に頻繁に見られます。また、単語のみ、フレーズのみで答えてしまうこともあります。文法の基本的な知識がまだしっかり身についていないようです。

発音・流暢さ

丸暗記した簡単な表現は比較的滑らかに出てきますが、自分の言葉で説明しなければならない場合は言い直しや繰り返し、つなぎ言葉が多くなり、時には黙りこんでしまいます。発音には母語の影響が強く残 り、何度か繰り返しても通じないことがあるでしょう。

待遇表現

基本的に語彙・フレーズで話し、センテンスを保つことができないので、「です・ます」で話せてもその割合は4分の1程度です。