HOME > アルク Kiddy CAT英語教室 > 2017年度 えいごスピーチ&エッセイコンテスト 入賞作品

2017年度 えいごスピーチ&エッセイコンテスト 入賞作品

アルク Kiddy CAT英語教室では、「自分のことばで伝える力」を伸ばすことをスローガンに、レッスンでの自己表現活動を通して、「英語力」に加え、自分の思いや意見を相手に伝えられる「表現力」を育むことを目標としています。
レッスンを通して育まれたその「表現力」を発表する機会として「えいごスピートコンテスト」、「えいごエッセイコンテスト」を開催し、その後の英語学習へのモチベーションアップにもつなげています。

えいごスピーチコンテスト えいごエッセイコンテスト

2016年度の入賞作品ページはこちら >>

本選開催日 2017年11月25日(土)
本選会場  日比谷コンベンションホール(東京)
審査員 藤田 保 (上智大学 言語教育研究センター教授)
    宮下 いづみ(Eunice English Tutorial主宰)
    Margaret Stalker(アルク 英文執筆・構成・編集担当スタッフ)
    Bence Tomas(アルク 教育ソリューション部 学習支援チーム所属)


出場者全員と審査員の先生方


STEP1&STEP2(小学1〜3年生)の部


STEP3&STEP4の部


STEP5&STEP6の部


Cコース、
STEP1&STEP2(小学4〜6年生)の部


JHコースの部

課題 Urashima Taro / Ninjin,Gobo and Dikon

STEP1&STEP2(小学1〜3年生)の部 対象:英語学習歴6カ月以上

最優秀賞

福井 愛唯さん【和歌山県 御幸ヶ丘校】

タイトル:Ninjin,Gobo and Daikon

登場するキャラクターが面白くてスピーチしたいと思いました。キャラクターになりきって、初めて聞く人にも伝わりやすい様にセリフを言うように工夫しました。場面が変わる所は間を取る様に気をつけました。受賞して毎日の練習が実ってうれしく思います。私は継続は力なりを信じて、これからも頑張ります。

優秀賞

中谷 仁さん
【和歌山県 御幸ヶ丘校】

タイトル:Ninjin,Gobo and Daikon

優秀賞

池田 侑未さん (神奈川県 相模大野校 Global Kids) タイトル:Urashima Taro
市川 ゆうあさん (神奈川県 あっきーママ's Class) タイトル:Ninjin,Gobo and Daikon
後藤 咲希さん (東京都 国分寺市内藤校) タイトル:Ninjin,Gobo and Daikon
スタインソン 世奈さん (埼玉県 ブライトスパークス草加) タイトル:Ninjin,Gobo and Daikon
手塚 凛音さん (栃木県 真岡校) タイトル:Ninjin,Gobo and Daikon
辻野 葉月さん (大阪府 深井校) タイトル:Urashima Taro

テーマ(各部門共通) My Special Skill(私の特技)/
A Job for Others(みんなの役に立つと思う仕事)

STEP3&STEP4の部  対象:英語学習歴3年以上、小学生3年生以上

最優秀賞

大西 藍生さん 【北海道 円山校】

タイトル:My Special Skill

私がアルペンチームに入ったばかりの頃は、全然勝つことができなかったけれど、諦めずに練習を続けているうちに、良い結果がでるようになりました。このスピーチを聞いてくれた人にも、諦めない気持ちの大切さが伝わるようにスピーチをしました。本番は、緊張したけれど、金賞を受賞することができて、うれしいです。

優秀賞

堀内 杏海さん
【和歌山県 御幸ヶ丘校】

タイトル:My Special Skill

優秀賞

君塚 凜菜さん (神奈川県 SUNRISE GS 溝の口) タイトル:My Special Skill
反田 雄一郎さん (山梨県 Peach Kids Class) タイトル:My Special Skill
西畑 美音さん (和歌山県 御幸ヶ丘校) タイトル:A Job for Others
原 玲葵さん (埼玉県 川越的場校) タイトル:My Special Skill
阪野 佑弥さん (愛知県 大高校 Angels) タイトル:My Special Skill
吉川 祐梨さん (東京都 きのみイングリッシュルーム) タイトル:My Special Skill

STEP5&STEP6の部  対象:英語学習歴5年以上、小学生5年生以上

最優秀賞

坂口 翔馬さん 【東京都 Sparkling Kids】

タイトル:My Special Skill

自分の好きな事であり、特技であるビートボックスを話せるなんて、まるで夢のようでした。ですが、いかに相手に伝わるスピーチをつくれるかが、苦労しました。人前で話すのが苦手でしたが、あんなに堂々と語れた事に、自分の成長を感じました。今後も、日本にとどまらず、世界が認める自分だけのビートを、つくりたいです。

優秀賞

大田 美結さん
【東京都 国分寺市内藤校】

タイトル:A Job for Others

優秀賞

大野 真歩さん (和歌山県 御幸ヶ丘校) タイトル:A Job for Others
小川 裕貴さん (和歌山県 御幸ヶ丘校) タイトル:A Job for Others
君塚 花凜さん (神奈川県 SUNRISE GS 溝の口) タイトル:My Special Skill

Cコース、STEP1&STEP2(小学4〜6年生)の部  対象:英語学習歴6ヶ月以上

最優秀賞

横瀬 陽さん 【栃木県 真岡校】

タイトル:My Special Skill

本選に出られると先生が電話をくれたとき、本当に信じられないくらいびっくりしました。家族みんなで喜びました。家での練習をビデオで撮って何度も先生に見てもらいアドバイスをもらいました。最優秀賞を受賞できて本当にうれしいです。今回の受賞を通っている小学校でも表彰してくれて、学校の先生、また友達も喜んでくれました。これを励みにまたがんばりたいです!

優秀賞

大竹 凛さん
【石川県 パステルルーム】

タイトル:My Special Skill

優秀賞

大竹 麟太郎さん (埼玉県 谷塚小前教室) タイトル:My Special Skill
北村 心さん (京都府 UJI校) タイトル:My Special Skill

JHコースの部  対象:中学生以上

最優秀賞

向山 颯人さん 【和歌山県 御幸ヶ丘校】

タイトル:My Special Skill

教室の先生からスピーチコンテストの予選が通って本選に出場できると聞いた時は正直驚きました。本選に向けての練習を一緒に頑張ってくれた高津先生に感謝しています。気をつけた点は、どうスピーチすれば自分の気持ちが伝わるのかを考えながらスピーチしました。大勢の人の前でとても緊張したけどいい経験ができました。

優秀賞

上原 佳子さん
【沖縄県 Fun! Fun! English 我如古校】

タイトル:My Special Skill

優秀賞

下口 凜さん (兵庫県 Whiteroots校) タイトル:A Job for Others
中井 太一さん (和歌山県 御幸ヶ丘校) タイトル:My Special Skill

審査委員長 藤田 保先生(上智大学言語教育研究センター教授)
今年で3回目になる「アルクえいごスピーチコンテスト」では、参加者数が前年の3倍、参加教室数は2倍とエントリー数が大幅に伸びてきており、それに伴い、約30倍の倍率を勝ち抜いてきた本選出場者のレベルもぐんと上がりました。さらに、今年からは低学年向けのレシテーション部門と中学生向けのスピーチ部門も新設され、ますます盛況なコンテストになりました。
アルクKiddy CAT英語教室では「自分のことばで伝える力を伸ばします」をスローガンとして掲げていますが、このコンテストはまさにその理想を体現化したものと言えるでしょう。レシテーションは題材は同じでも一人ひとりの解釈によって読み方が変わってくるという意味では「自分のことば」で伝えているということができます。このように人数もレベルも上がってくると審査をするのは困難を極め、とても大変なのですが、来年以降もそんなうれしい悲鳴を上げさせてもらえることを楽しみにしています。

Bence Tamas(アルク 教育ソリューション部 学習支援チーム所属)
The recitation was wonderful, it was amazing how well the young students performed the different characters! The speech contest students not only spoke beautifully, but they also answered the questions very well. KC students and teachers, thank you very much!

レシテーションの部門の生徒たちはさまざまな登場人物を驚くほど上手に表現できていました! スピーチの部門の生徒は素晴らしいスピーチだけでなく、スピーチの後の審査員の質問にもしっかりと答えることができていました。Kiddy CAT英語教室の生徒さんたち、先生方、どうもありがとうございます!

応募期間 2017年7月3日(月)〜9月8日(金)
結果発表 2017年11月26日(日)
審査員 藤田 保(上智大学 言語教育研究センター教授)
    東 仁美(聖学院大学 人文学部欧米文化学科准教授)
    Bence Tamas(アルク 教育ソリューション部 学習支援チーム所属)

テーマ(各部門共通) My Hero(私のヒーロー)/
Something I Want to Create for Somebody
(誰かのためにつくりたいもの)

STEP1&STEP2(小学1〜3年生)の部  対象:英語学習歴6ヵ月以上


クリックすると全文が
ご覧いただけます

最優秀賞

北原 華乃さん
【東京都 国分寺市内藤校】

タイトル:Something I Want to Create for Somebody

わたしは、おくすりをのむことがにがてなので、こんなカップがあったら、みんなたのしくおくすりをのめるとおもってかきました。じしょでしらべたり、アルファベットをきれいにかいたりするのはむずかしかったけれど、さいごまでやりきることができ、しょうまでもらえてとてもうれしいです。チャレンジしてよかったです。


クリックすると全文が
ご覧いただけます

優秀賞

隠塚 千明さん
【埼玉県 GENKids】

タイトル:Something I Want to Create for Somebody

優秀賞

尾形 拓海さん (北海道 California) タイトル:My Hero
鶴岡 えまさん (東京都 国分寺市内藤校) タイトル:Something I Want to Create for Somebody
三浦 愛理さん (大阪府 グランターブル校) タイトル:Something I Want to Create for Somebody

STEP3&STEP4の部  対象:英語学習歴3年以上、小学3年生以上


クリックすると全文が
ご覧いただけます

最優秀賞

岡部 依央さん
【北海道 円山校】

タイトル:Something I Want to Create for Somebody

私の仲良しのお友達が、2年前に東京に引っ越してしまいました。今でも連絡を取っていますが、新しい環境で友達関係に悩んでいる事を聞いたので、少しでも彼女の力になりたいと思い、このテーマを選びました。受賞した事をお友達に伝えるととても喜んでくれ、私もうれしくなりました。この事が実現できればいいなと思いました。


クリックすると全文が
ご覧いただけます

優秀賞

大久保 遙人さん
【埼玉県 ブライトスパークス草加】

タイトル:My Hero

優秀賞

小池 舞音さん (東京都 TWINKLE 古千谷本町校) タイトル:Something I Want to Create for Somebody
佐々木 太一さん (東京都 フレンズ 仙川) タイトル:Something I Want to Create for Somebody
野口 智弘さん (和歌山県 御幸ヶ丘校) タイトル:Something I Want to Create for Somebody
福原 歩未さん (大阪府 グランターブル校) タイトル:My Hero
安田 蒼さん (北海道 円山校) タイトル:Something I Want to Create for Somebody

STEP5&STEP6の部  対象:英語学習歴5年以上、小学5年生以上


クリックすると全文が
ご覧いただけます

最優秀賞

野村 梨七さん
【石川県 パステルルーム】

タイトル:Something I Want to Create for Somebody

私は動物が大好きです。なので動物関係の本やテレビをよくみています。それで殺処分の事を知って心が痛みました。そしてこの事を調べました。私が思っていたより多くてとても悲しくなりました。なのでエッセイコンテストに書いてこのことをみんなに知ってもらいたいです。そして一匹でも多くの動物を救いたいです。


クリックすると全文が
ご覧いただけます

優秀賞

三林 優作さん
【和歌山県 御幸ヶ丘校】

タイトル:Something I Want to Create for Somebody

優秀賞

髙橋 ことみさん (山形県 アクティブキッズクラブ) タイトル:Something I Want to Create for Somebody
向山 日葵さん (和歌山県 御幸ヶ丘校) タイトル:My Hero
安江 すみれさん (山形県 アクティブキッズクラブ) タイトル:Something I Want to Create for Somebody

Cコース、STEP1&STEP2(小学4〜6年生)の部  対象:英語学習歴6ヶ月以上


クリックすると全文が
ご覧いただけます

最優秀賞

守隨 陽香さん
【大阪府 真砂校】

タイトル:My Hero

教頭先生のようにとてもおもしろい先生には、今まで会ったことがありません。教頭先生は、学校の人気者、そしてヒーローです。そんな教頭先生のことを知ってもらいたかったので、このテーマにしました。単語を調べるのがとても大変で、時間がかかりました。受賞できてとてもうれしかったです。 教頭先生にも教えてあげたいです。


クリックすると全文が
ご覧いただけます

優秀賞

山﨑 柚那さん
【兵庫県 学が丘校】

タイトル:Something I Want to Create for Somebody

優秀賞

榎本 花音さん (静岡県 Joy & Joy)   タイトル:Something I Want to Create for Somebody
大西 健汰さん (京都府 過書町校)   タイトル:Something I Want to Create for Somebody
武元 衛士郎さん (沖縄県 Fun! Fun! English 我如古校)   タイトル:Something I Want to Create for Somebody

JHコースの部  対象:中学生以上


クリックすると全文が
ご覧いただけます

最優秀賞

山下 凌世さん
【和歌山県 みなとごてん教室】

タイトル:My Hero

僕は、小学1年生の時から、アルクの英語教室に通い始めました。前回のエッセイコンテストでは入賞できませんでしたが、今年は入賞で最優秀賞に選ばれたのでとてもうれしかったです。7年間コツコツ頑張ったおかげで、最優秀賞という結果がでたので、これからどんどん忙しくなりますが、コツコツと頑張っていきたいです。


クリックすると全文が
ご覧いただけます

優秀賞

石井 悠理さん
【大阪府 太子校】

タイトル:Something I Want to Create for Somebody

優秀賞

杉田 翔哉さん (大阪府 太子校) タイトル:Something I Want to Create for Somebody
延山 天さん (広島県 上下校) タイトル:Something I Want to Create for Somebody

審査委員長 藤田 保先生(上智大学言語教育研究センター教授)
今年度から中学生向けのJHコースの部も増設され、応募総数も昨年よりも大幅に増えて871通になりました。これだけ多くの皆さんが一生懸命に考え、自分の気持ちやアイディアを英語で表現してくれたことはとてもうれしい限りです。幅広い内容のエッセイが集まり楽しく読ませていただきましたが、審査にあたっては子どもらしい自由な発想のもの、ひとのために貢献できる考えが表われたもの、広く視野を世界に向けたもの、そして読む人に興味を持たせるタイトルをつけている作品などが高く評価されました。来年のコンテストでますます多くの応募があることを期待しています。

東 仁美先生(聖学院大学 人文学部欧米文化学科准教授)
今年もユニークで、読み手を楽しませてくれるエッセイにたくさん出会いました。My Hero のエッセイでは、あなたの「ヒーロー」があなたにとってどんな人なのかが伝わるか、Something I Want to Create for Somebodyのエッセイでは、つくってあげたい相手への思いが伝わるかを考えながら審査しました。全く違った二つのテーマですが、よいエッセイからは作者の人柄や個性が伝わってきました。作者の人としての魅力があふれ出るようなエッセイを楽しく読みました。

2016年度の入賞作品ページはこちら >>

入会に関するご相談やご質問、資料のご請求、教室のご紹介など、
お気軽にお問い合わせください。

各コース教材の特長はこちら

お問い合わせ・資料請求はこちら

教室サーチはこちら

●お問い合わせ先

アルク Kiddy CAT英語教室サポートセンター
0800-800-8431
<受付時間>9:30〜17:30(土日祝を除く) ※通話料は無料です。

  • アルコムワールドで日記を書く

アルクの子ども英語教室 春の入会キャンペーン2018


アルクの子ども英語教室、先生募集中


小学校英語指導者 J-SHINE準認定 資格取得準備コンプリートコース


お問い合わせ・資料請求

フォームからお問い合わせ・資料請求を
していただけます。

  • 教室に通いたい方
  • 教室を開きたい方

お電話でのお問い合わせ

●教室紹介・資料請求は

フリーアクセス 0800-800-8431

受付:9:30~17:30

(土・日・祝祭日を除く)

メルマガ登録