執筆:安江こずゑ(やすえ・こずえ)

Happy, Sad, Angry!


リズムよく単語をおぼえよう!

ターゲットセンテンスといろいろな単語が効率よくおぼえられます!

 
遊び方

Target Sentence:"How are you?"
         "I'm ...."
         "What are you doing?"
         "I'm ...ing."など。

子どもたち全員で輪になり、中央を向いて立ちます。先生は既習の単語で、たとえば happy、sad、angry、または jump、run、walk などのように関連するものを3つ選び、ターゲットセンテンスといっしょに黒板(またはホワイトボード)に書き出しておきます。全員で書き出した3つの単語を"Happy, angry, sad! One, two, three!"のように言い、これを合図に子どもたちは目をつぶり、右か左の好きな方を向きます。目を開けたときに、向かい合っている子とターゲットセンテンスを使ってやりとりし、じゃんけんをして勝った子は輪に残り、負けた子は輪から抜けます。誰とも向かい合わなかった子はそのまま輪に残ります。やりとりをする際には、3つの単語から返答を選ばせましょう。時間を決めてくり返しおこなうか、2人が輪に残った時点でゲーム終了。

 
 
応用
低学年のクラスではリズムに乗って右や左を向き、向かいあった相手とじゃんけんをするのみ、中学年のクラスではセンテンスのやり取りも加える、高学年ではセンテンスの質問と答えを自分の好きなものに変える、などと変化をつけることができます。年齢によってやり方を変えて活用しましょう。




1、2の3分 かんたんアクディビティ トップへ  


  • アルコムワールドで日記を書く

アルクの子ども英語先生募集中!


HAPPYクリスマス2017


資格取得応援キャンペーン


オンライン英会話

メルマガ登録